Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年5月11日(木) 21:04

最大の山場


 想定される最速解よりも速い解が、見つかった。1周目25秒81に滑り込むことが出来た。
 この初期値に faster 解が存在しないかどうか全チェックが完了すれば、先に進めそうだ。これで旧ミュート3TASに存在した、1周目のヘアピン抜けがあからさまに遅いという問題は解決された。1周目は、旧TAS比で完全に1フレーム以上速い。

 TAS製作が失敗しかねない大課題がクリアされたのは朗報だが、この後も大変である。スクリプトは揃っているが、誤動作の可能性は残っているので完全な手離れはできない。また、スクリプト開発作業が激減しても、複数の解候補を常にキープして進行させることになるため、ひたすらスクリプトの計算時間が必要となり完成まで長期間を要する。
 しかしスクリプトが安定して動作し始めると、計算中は他のことができる。そろそろ電子工作系も進める頃合だろう。

 初代 F-ZERO のTASを作っていると、天気予報の計算をやっている気分である。僅かな初期値の差から全く速さの異なる解が出て来る。カオスだ。だから常に、僅かに値の異なる解を幾つもキープしつつ計算しないと、最適化できない。ここをテキトーに済ませると、トータルで0.1秒ぐらいはアットという間に遅くなる。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4