Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年5月15日(月) 21:11

どっちが速い?


 ホームストレートで邪魔カー出現。これは旧TASでも出現していたが、広い直線部分なので回避が容易。ただし、回避により最短走行距離のラインが塞がれる痛さがある。
 邪魔カーはブロックして来るため、自機の左右位置は大きく影響する。左右どちらから抜くのが速いか?

 こういうのはTASである以上、両方試して比較するのが王道である。この手の作業がある以上、スクリプトを走らせて放置とは、なかなか済まない。
 予想に反し、アウト(左)から抜く方が速かった。


 この2つのうち、どっちが速いだろう?

 見た目の座標はそう変わらないのに1フレームの差があり、左が先行。ほぼ同じ座標でありながら速度も左が速い。だから左が圧倒的に速そうに思える。また、左は1534フレーム前とほぼ同じ状態である。そう、これはラップ23"01ペースで走行できていることも意味する。

 旧TASと比較して速さキープを確認しつつ進めるが、ここまで来ると新TAS同士で1周前と比較する手も使える。安定状態のミュートシティーでは、ラップ23"01=1534フレーム差が標準だ。

 ところが実はこれ、右が圧倒的に速いのだ。
 右は「クリッピングポイントで十分に速度を落とした状態」であり、立ち上がりでアウトに膨らまず早期に旋回終了する。そのためホームストレートでブッちぎりだ。差は3分の1フレームぐらいだが、このTASにおいてはそれは破壊的大差である。速遅判定は計算時間の問題があるから簡易判定だが、ちゃんと右の方が速いことを判定できている。

 また、この話はヘアピン部分で速さを比較する難しさも示している。2周目ヘアピンでは新旧TASの差が1フレームよりも明白に大きくなったように見えたが、実際はずっと約1フレーム差のままだった可能性が高い。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4