Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年6月9日(金) 22:06

予定線上


 1周目最後の反射技は、非常に速かった。普通は反射時に2フレーム以上連続して大減速するが、1フレームしか大減速しなかった。ムービーを再生して詳細に観察すると、うまくガードビームの隙間に入り込んで当たり判定が一線でのみ生じているかのように見える。座標は、2周目以降と大差ない。

 そこで、反射後の弾道が悪くてうまく抜けられない走行パターンの中に、1フレームだけの減速というものが紛れていないかどうかチェックしてみた。
 すると、2周目の反射では1フレームのみというパターンが皆無。
 そう言えば、1周目では1フレームのみという解が多数存在していた。となると恐らく、1フレーム未満の座標差により、当たり判定が2回生じるか1回だけで済むかがほぼ決定してしまうのだろう。折れ線走行程度では調整できないようだ。


 とはいえ、何が何でも1フレームの解を得なければならないとは言い切れない。

 1周目では、強制ピット後に続く右コーナーを曲がり切れずに非常に苦労した。反射時の大減速が1フレームか2フレームかというのは、旋回性能がギリギリで足りるかギリギリで足りないかという境界線上にある。1フレームの解は、右旋回で妥協を強いられるのだ。
 今回は2フレーム大減速の解しか発見できなかったが、1周目の苦労が嘘のように綺麗に右旋回が可能で、結果的に遅延はほぼ解消。暫定ラップ21秒24を確保した。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4