Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年6月30日(金) 21:44

うまく行かない


 うまく行かない。

 最初のコーナーを抜けた段階で得られた何十通りという解を初期値に使用し、片っ端からスクリプトに食わせる。だが、どんなに計算しても作り直し前より0.2フレーム以上遅い解しか得られない。
 作り直しにより、最初のコーナーを抜けた段階で0.6〜0.7フレーム速くなっている。それが、あっさり逆転されて手も足も出ない。

 これはミュートシティーのヘアピン同様に、1フレームに1回しか最速突破の機会が無いという関門状態になっているようだ。
 別の戦略を考えねばなるまい。

 しかしここで、驚天動地の大事件発生!
 最近このゲームのTAS製作に没頭していたため、エミュレーター動向のチェックを怠っていた。久しぶりに確認すると、5月初めに BizHawk がネジコン対応していた!
 TAS製作は進めるつもりだが、優先順位は激変である。

 自分がTASを作りたいゲームの多くがネジコン対応なので、エミュレーターを改造して製作していた。それが、正式エミュレーターで純正対応だ。つまり、TasVideos
に申請することが可能となる。実際ネジコン不用のこのゲームのポートタウン2やキングリーグのマスタークラスは、TasVideos
を完全に念頭に置いていた。だが、それ以外もOKってことだ。
 既存のネジコンTASを、正式公開できる時が来たのだ。そっちの計画も考えねばならない。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4