Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年7月22日(土) 21:45

あと2フレーム

 5周目のショートカットファールでは、対4周目で1691フレーム差というパターンが再び存在した。そればかりではなく、S-JET
最適化を通した後でさえ、1691フレーム差未満の解が存在したのである。前回は1692フレーム差に戻ってしまっていたのに。
 これは、5周目を1691フレームで走れるかもしれない。

 しかしこれにより最初から作り直す気になってしまった。
 どういうことか?

 現状で2周目以降をラップ1692フレームで揃えた場合、トータルタイムが2分10秒02なのだ。
 仮に5周目を1691フレームで走っても、2分10秒は切れない。
 しかし、ショートカットファールで1691フレーム差というのが2回目であること。部分最速を行う要領が分かって来たこと。それにより、2〜5周目をラップ1691フレームで揃えるのは多分苦しいが、4周のうち2周なら1691フレームに出来るかもしれないと感じるようになったこと。

 2〜5周目の合計4ラップのうち、2ラップが1692フレームで2ラップを1691フレームに出来るのであれば、トータルタイム2分09秒台が実現する。
 レースゲームの世界において、タイムの大台代わりというのはインパクトが大きい。2分10秒00と、2分09秒99では「ウケ」が全くの別物なのだ。
 これまで製作した感触から、計算量10倍ではなく恐らく2倍未満で、2分9秒台のTASが作れる気がする。これは、やらざるを得ない。

 仮に無理っぽいとなったら、既存のデーターを引き継いでこのまま完走させてしまうこともできる。

 詰める部分は、S-JET 最適化とその前後である。
 1周目に関しては S-JET が無いため、その直後がポイントだ。棒磁石地帯の入り。ここは、最適間合いがアヤフヤで、慎重に最速を探るべきである。1周目は棒磁石との間合いが狭いのが最速として君臨しているが、再度手動で3通りの間合いを作成し、その3通りを初期値としてスクリプトを動かしてみる。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4