Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年7月26日(水) 22:37

1692 vs 1691

 3周目のショートカットファールでは、Fこそ2周目+1691フレームだったがF2が大きい。懸念した通り、なかなか右旋回のインに付くことができず、S-JET 噴射後は、ほぼ+1692フレーム差まで広がってしまった。

 S-JET の最適化は厄介で、僅かな操作の違いにより大差が生じることも珍しくない(TAS製作では例えば0.4フレームでも「大差」だ)。
 そこで別解を使用して S-JET 最適化をやり直し、顕著に速い解が発見できないかどうか調べる。
 ここで、スクリプトの大バグを発見。S-JET 最適化には3つのスクリプトをリレーして使用しているが、その3つ目が速遅判定を思い切り間違っていて、1フレーム未満の差が検出できていなかった。
 これにより0.1フレーム速くなったものの、更に大きな問題がある。すなわち、2周目の S-JET もこのバグありスクリプトで最適化を行ったということだ。

 3周目の再スタートは、2周目の再スタート+1691フレームを実現。

 2周目でスクリプトを走らせ直したところ、0.2フレーム速くなった。しかし棒磁石地帯に入ると逆転され、0.1フレーム遅い。そのまま3連続コーナーの製作を続けるも、ずっと0.1フレーム遅いままだ。
 ただし、作り直し前の2周目は3連続コーナーで1フレーム近く速くなったものがその後で一気に0.5フレームぐらい遅くなった。その原因は多くが速遅判定に不正確さに由来すると思われるが、0.1フレーム遅いだけの別解を初期値に使用することにより、再逆転して速くなる可能性が大いにある。

 2周目が速くなれば、3周目のショートカットファールで調整余地が大きくなり、F2を小さくできる可能性がある。3周目が煮詰まっている以上、2周目の作り直しは有力策である。
 3周目をラップ1692フレームで走るのは容易と思われるが、それでは4周目と5周目の両方で1691フレームを実現せねばならなくなる。ここは踏ん張り所である。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4