Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年7月31日(月) 21:34

25秒36

 3連続コーナーの最終3つ目のコーナーを抜ける前で、作り直し前に比べて1.1フレーム速かった。抜けた後を実走させ、シケインを抜けた段階でアドバンテージ確定。2周目のラップは、1.3フレーム速かった。
 ラップ1691フレームで、25秒36。それも、思い切り余裕があって貯金を残してのゴールラインだ。

 2分9秒台へと、幸先の良い走行である。TASは、作り直せば作り直すほど速くなる。やればやるほど速くなるのは、人力実機プレイと変わらない。どこまでやれるか。どこまでやるか。である。
 余剰を活かし、ショートカットファールでは2周目比で1691フレーム差をキープ。更にF2が小さくなったので、1フレーム未満のオマケも期待できる。

 オフィシャルに捕まる直前の右ハンドルが多ければ多いほど、再スタート後の右旋回がスムーズになりF2が小さくなる。しかし一方では右旋回が早くなることでFに悪影響がある・・・というのは一般論として正しいが、究極を狙うとここでも非線形になる。右ハンドルを増やした方がFが小さくなったり、右ハンドルを減らすことでF2が小さくなるという、理屈と逆の現象も発生するのだ。
 これは、1フレームの間に自機が移動する距離よりも小さな座標差による当たり判定が無視できなくなるせいだと考えられ、そのような小さな差が問題になるほど限界ギリギリまで最適化を行おうとすると悩まされる。

 そんなこまかなことを考えなければ、製作は桁違いに容易になるが、1周あたり何フレームも遅くなる。最近も、そんなTASを見たばかりだ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4