Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年8月9日(水) 20:20

グランプリ再開

 プラクティスのポートタウン2を動画投稿し、ついでに Tasvideos にも submit しておく。
 続けて間髪を入れずにグランプリのポートタウン2を再開。プラクティスで散々研究した成果を持参し、邪魔カーに挑む。とは言え2周目途中までは出現しないはず。

 既に製作済の1周目を再検討する。棒磁石地帯からヘアピンに掛けては、作り直しても速くならない。棒磁石地帯では速いが、ヘアピンでは遅くなる解しかない。そこで、ここまでは以前のムービーを生かす。
 3連続コーナーの3つ目では、新しい速遅判定とシケイン手前のバグ修正が効果を発揮。0.3フレーム近く速くなった。これにより1周目のラップが28秒68に短縮され、プラクティスとのタイム差も想定通りになった。

 ショートカットファール後の再スタートも1フレーム速くなったのでコレは最高だと思ったが、プラクティスで散々経験した通りその後の S-JET がなかなか言うことを効かない。棒磁石地帯への飛び込みでは、アドバンテージが0.5フレーム前後に縮んでしまっている。
 ただし、最終結論は不明。S-JET 最適化の中でも、この棒磁石地帯へのコーナーが桁違いに膨大な計算量を要している。これだけで並列実行のうえ丸1日掛かりそうなほど重い。だから想定通りに速い解が得られていれば次スクリプトを投機実行するのだが、遅過ぎる解しか得られていないのでそれもできない。

 TAS製作ペースは、速い解が順調に得られるかどうかで大幅に変動する。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4