Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年8月28日(月) 21:16

まず1周

 エキスパートクラスの時と同様、トップのGFを抜かすときがまた邪魔になる。これは1つ目のジャンプ台だが、2つ目のジャンプ台で思い切り接触してしまう。あと僅かにこっちが速ければ真上から追い抜けそうなのだが、それが出来そうでできない。

 やむを得ずエキスパート時に続いて、アウト側から抜く。普通ならロスが気になるが、この手前の右コーナーを最速突破する解がアウトに膨らみ過ぎている。普通であれば条件を外れるため、少し遅いがもっとインを突ける解を採用する。だが、ここはアウト側に走行ラインを取らざるを得ないため、速遅判定における最速解が使える。

 スクリプトを普通にリレーし、1周目は28秒99となった。これは、エキスパート時より3フレーム速い。
 マスタークラスではソニックスタートが高速化されるが、それによるアドバンテージは1フレームしかない。つまり、2フレームは純粋な最適化の成果とみなせる。普通にリレート言っても、速い解を複数確保して比較しつつ進めている。

 要所でスクリプトに膨大な時間を取られるのはこれまでのコースと変わらないが、スクリプトの数は少なめである。人力実機プレイでは攻略の楽な休憩コースだが、TAS的にもそうだ。ただし、今後1周前との区間タイム比較が可能となり、僅かなロスが検出可能になると、作り直しの嵐が待っているかもしれない。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4