Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年11月8日(木) 21:24

様子を見る

 録画中LEDがピタリと時間通りに点滅を終了せず、1秒長かったり1秒短かったり。思った以上に調整に手間取った。

 本来のリモコン機能は、問題なく動作。

 これで動作確認は終了し、LEDおよび新配線をアラルダイトで固定する。
 アラルダイトは、何度も使っているうちにチューブから漏洩してベトベトになる。いつもそうだ。原因不明である。チューブに穴が開くわけではなく、キャップの隙間から漏れるのだ。キツく締めておいても、漏れる。訳が分からない。
 そのため、アラルダイトの容量を使い切れることがない。

 固定強度よりも、短時間で固定したいときにアラルダイト。

 C言語になったことで、PICのプログラムも強化。録画中に、子機のボタン入力を受け付けるように改良。結構面倒であり、アセンブラならやってられなかった。
 XC8なら複雑な制御も十分に可能だし、ソフトの保守性が良くなる。将来更にPICを変更することがあっても、流用は容易だろう。

 実は、コネクターから先のカメラリモコンコード部分は元のままである。作り直すためには、カメラリモコンを新規調達せねばならない。仮にこの部分が接触不良であれば、録画失敗トラブルは解消しない。
 しかし逆に、録画失敗がまだ発生するようであれば原因がカメラリモコン部分だと特定できる。それならば、購入し直しも無駄にならない。

 当分は、コレで様子を見る。録画中に割り込んで録画し直しが出来るようになった機能強化も、ほんとうに想定通りに動くかどうか実地のフィールドテスト。この旧リモコンで動作確認できれば、ハイスピードカメラ用の新リモコンにも流用できる。

written by higashino [カメラ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4