Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年4月20日(金) 22:00

時代遅れ

 驚愕だ。

 まさか、主砲がもう手元に来たとは!
 オクのくせに、アマゾんより速い!
 写真の下部に写っているのが、今回ラジコン戦車に搭載するハンマードリルだ。

 上部のごちゃごちゃしているのは、そのラジコン戦車。レーザー戦車として製作を進め、失敗したものだ。
 大きなレンズが見えているが、砲塔の回転軸真下からレーザーを照射する予定だった。それを、砲塔のミラーで反射させる。
 成功したとしても、何しろそのレーザーというのが光出力3ワットしかないYAGレーザーなので、完全に時代遅れ。廃棄するしかない。

 最重要なパワーパックと足周りだけ流用予定。

・・・だったのだが、ハンマードリルを搭載するには幅が狭過ぎる。

 車体傾斜させる都合から、全長は余り長くしたくない。一方でドリルの反力が加わるため、幅は広めにしたい。そもそも、オリジナルの幅ではハンマードリル本体とバッテリーを横並びにできない。

 こうなると、足周りからフルスクラッチすべきかもしれない。
 主砲ハンマードリルは解体するとはいえ、ドリルとハンマーとブラシレスモーターが一体化した主要ユニットはそのまま使う。これは建設業において業務使用されるガチの品なので、メーカーが改良しまくっている。
 主要ユニットは、シロウトが魔改造できるようなシロモノではない。

 そのぶん、それ以外を完全自作に近いものにするのは良いだろう。

 これは、レーザー戦車の砲塔と、ハンマードリルのバッテリー2個。

 バッテリーは25.2Vの3.9Ahというスペックで、100Whを僅かに下回る。100Wh以上のリチウムイオンバッテリーは、航空機に持ち込めなくなるなど制約が生じる。

 砲塔は、真下から照射されるYAGレーザーを反射する誘電多層膜ミラーと、そのミラーを動かすメカが入っている。更に、操縦用のビデオカメラとトランスミッターとラジコン受信機。
 トランスミッターは専用受信機が必要で、スマホ受信ではない。電源も、12Vを要する。ラジコン受信機は、40MHz帯のラジコン用周波数で、バンド管理が必要。とにかくもう、何から何まで時代遅れになっている。

 ただしビデオカメラだけは貴重品かもしれないので、保存の価値はある。これは、解像度が低くて良いから倍率が大きなもの、という選定を行った。レーザーの精密照準を考慮したものだ。
 ドリル戦車は倍率など不用だから、今回は出番がない。しかし将来出番があるかもしれない。指向性エネルギー兵器の照準には、十分有用だ。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4