Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年4月21日(土) 22:25

車体傾斜

 車体傾斜機構の、アイデアメモ。車体側面図。

・車体前後端の転輪を、上下させることで車体傾斜させる。
・転輪はサスアームに接続されているので、実際にはサスアームの角度を変えることになる。
・最大限に上下動させようとすれば、サスアームの変化角は135度ぐらい確保したい。

 ここで、車体内側に突起を設けると、その突起も135度だけ回転する。そうなると、車体内部の空間をフル活用せねばならない。
 車体底面と前部傾斜走行の内側にダンパーを設置し、突起の激突を防ぐ。ソルボライトのカケラみたいなもので十分だろう。

 突起を動かせば、サスアームも動く。

 突起にラジコンカー用のオイルダンパーを介して、ネジを接続させる。
 モーターでネジを回転させると、ネジが前後に動いて突起を動かす。

 もちろんこのままでは、ネジがオイルダンパーを回転させてしまうとかモーターも前後に動くとか、問題がある。そういうのは幾らでも対策があるので、アイデア段階ではいちいち記入しない。
 ナットを固定しネジを動かすのと、モーターを固定しナットを動かすのと、どちらが良いかはまだ分からない。

 問題は、車体片側で転輪が最低4つ必要なこと。

 サスアームに角度可変機構を取り付けるのは、一番前と一番後ろだけである。つまりは、片側で2つ。それだけなら、アイデアメモのままでも実装できる。
 しかし、前後2つの転輪の間にも、更に2つの転輪がある。これらは可変機構を取り付けないが、サスペンションは必要である。それは車体内部に一定のスペースを必要とし、角度可変機構との同居がなかなか頭痛の種である。

 実車のSタンクでは、油気圧シリンダーが縦配置されている。だが、模型で縦配置と135度の可動範囲を両立させるのは容易ではない。
 更なるアイデアを要する。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4