Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年4月25日(水) 22:16

構想修正

 基本構想はOKなので、具体的に使用するパーツを決めねばならない。

 個人のDIYでは限られた工作機械しか使えないため、既製品を多用することになる。すなわち、どのような既製品が存在するかを調査するのが製作の第一歩である。
 リニアアクチュエーターの使用と、その具体的な製品は決定している。

 ラジコンショップで、流用可能なパーツを調査。
 狙いはピニオンギアとオイルダンパーだ。

 ピニオンギアに関しては、豊富に存在するものの大半が3ミリシャフトである。ドリルで穴を4ミリぐらいまで広げても実用になるだろうが、それでも細い。基本的に540モーター直結で使う前提だからだろう。
 できれば6ミリシャフトが欲しい。ドリル戦車は車体傾斜させる都合から、転輪が片側4つしかないSタンク型の予定である。それだけ1つあたりの負荷が大きくなる。

 更に、オイルダンパーの流用も困難と判断。5キロ級の力を受け止めるのは、無理だ。止むを得ず、オイルを諦めて単純なバネだけにする。この場合、押しバネより引きバネの方が大きな力に対処し易い。
 そこで、先日のサスアーム構想からアクチュエーターの取り付け位置を逆側に変更し、サスアームに車体重量が加わった際に「引っ張り」の力が加わるようにする。これにより、バネおよびリニアアクチュエーターという長いパーツを車体縦方向に設置できるようになり、実装も楽になる。反対端のアクティブサスペンションも、バネとアクチュエーターがこれとすれ違うように設置すれば良い。

 中間転輪用のサスペンションを設置する空間も、楽に確保できる。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4