Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年5月13日(日) 22:01

もはやパズル

 入手難で納期が未確定だったり長いパーツも多いので、使用の確定したパーツはガンガン発注している。そのため、脈絡無くいろいろなものが手元に来る。そして、順不同で構想を試行錯誤させている。

 キャタピラ自作用の、自転車チェーン。
 ネット上では結合ピンに穴が開いていない類似品もあるので不安だったが、ちゃんと穴が貫通しているものが届いて一安心。しかし、遺憾ながら2ミリネジが通る太さではなかった。
 1.7ミリネジなら通るが、1.7ミリで普通に入手できるネジは長さ14ミリが最大である。ギリギリで使用可能だが、余裕はまるで無い。

 それでも、何百という穴を2ミリに削り広げる手間は掛けたくない。
 結果的にはそっちの方が仕上がりが良くなる可能性はあるので、2ミリへのボアアップがどれぐらい現実的であるか確認する必要はある。結合ピンが容易に回転するようであれば、事実上ドリルは使えない。

 結合ピンにもチェーン側面にも穴が空いているのは、これが軽量を謳った自転車チェーンだからである。軽量自慢なのに、400グラムを軽く越える。左右1つずつだけの使用でも、チェーンだけで1キロ近くになる。ここにキャタピラの板本体をネジ止めすれば、2キロを楽勝で越えるだろう。3キロになってもおかしくない。
 現実の戦車でも、キャタピラの重さは想像以上に大きい。

 しかし耐久性は、重さに見合っている。何しろ人間を乗せて走る自転車の動力を伝達するのに使われるチェーンである。それを左右1つずつ使用するのだ。

 さて、単純にして頭の痛い問題が、サスアームの製作方法。戦車用のサスアームに流用可能なパーツは、なかなか見つからない。
 そんな中で、六角レンチに目を付けてみた。最初から90度に曲がっているし、最初から回転止めな形状になっている。そして、極めて丈夫だ。

 6ミリ穴に通る六角レンチのサイズを計算すると、5.2ミリを僅かに下回る。要するに、中途半端である。
 5ミリのレンチでは、明らかに細過ぎてガタつくだろう。そこで、試しに32分の7インチを購入。5.56ミリで逆に太過ぎるが、六角形は頂点を少し削るだけで外接円の直径を小さく出来る。ダイヤモンドヤスリを少し使えば、6ミリ穴に入るだろう。

 内径6ミリのベアリングには案の定入らないが、現物をいじった感触からすると入るように削るのはそう苦労しないと思う。

 そしてこの六角レンチにL型ボックスレンチを差し込む。これで、戦車用サスアームの形状が実現する。3ミリネジ用のナットは、対辺の距離が5.5ミリである。これは32分の7インチレンチの対辺の距離5.56ミリに非常に近い。すんなり刺さらず叩き込む必要があるかもしれないが、ヘタに緩いよりはいい。
 どうしても入らないようなら、何せ0.06ミリ差だ。辺面をせっせと削るのも現実的な範囲内だろう。

 ところが。L型ボックスレンチは最小8ミリ品までしか見つからなかった。L型ではないボックスレンチなら4ミリから売っているのだが、どうやらL型は大きなトルクを出したい大型ナット用という扱いらしい。
 

 なかなかパズルの解が見つからない。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4