Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年6月17日(日) 20:06

調整機構

 試作用ポリカーボネイト板に、継ぎ足しする。

 アクリダインで溶接強度の接着が可能というのも、ポリカーボネイトを試作に使う理由の1つ。

 先日製作したストッパーは、強度的にスペーサーの上下両方にワッシャーをハンダ付けすべきだろうと感じた。
 そこで、ワッシャーを追加ハンダ付けするのではなく、全く新しく製作し直した。外径15ミリ前後のワッシャーが理想なのだが、売っていない。しかしステンレス製を諦めて鉄製ワッシャーにすれば、外径16ミリという手頃なのがM5用に売っている。
 強度は落ちるが、ステンレスワッシャーが厚さ1ミリなのに対し鉄製ワッシャーは1.6ミリ。剛性は恐らく上回る。

 更に、シャックルと長ネジをステンレス針金で結合し、ハンダ付けで固める。

 リニア・アクチュエーターのバネ側穴は、外径4.1ミリのステンレスパイプを挿入して削れ防止とする。

 このように組み合わせ、リニア・アクチュエーターの固定とテンション調整を可能にする。

 写真と文章にすれば少量だが、これ製作するの大変だったぞ・・・

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4