Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年6月18日(月) 23:12

別案

 固定予定位置まで全く届かないので、スペーサーで長ネジを接木して届かせる。

 戦車の車体が想定よりも短くできそうだが、ここで慌てて試作し直しすのではなく様子を見る。他のパーツとの関係で、適正なサイズが更に変わるかもしれない。

 リニア・アクチュエイターの端処理にはシャックルが最適に感じたが、逆側の活用が案外難しい。長ネジを取り付けるにも、針金を巻いてからハンダ付けというスマートではない手法に頼らされた。
 もしかすると、ショートステーとネジを組み合わせる単純な手法が勝るかもしれない。今度は、これで作ってみよう。

 既存のショートステーでは、シャフト(ネジ)を通す穴周囲が幅広過ぎて、リニア・アクチュエイター本体に干渉してしまう。よって、少し削らねばならない。それでも、総合的には製作の手間は減るかもしれない。

 ネジはネジ山があるため、端面の穴に負担を掛ける。しかし、外径4.1ミリのステンレスパイプを挿入しておけば大丈夫だろう。同パイプの内径は3.5ミリなので、3ミリネジは問題なく通せる。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4