Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年6月22日(金) 21:46

ピンアサイン

 まずは、以前話題にした本「モーターの動かし方早分かり」において、dsPIC33FJ12MC202 のピンをどのように使用しているかを整理する。

 2番ピンが謎で、3相あるうちの1相だけ特別に電流を検出(抵抗により電圧変換)し、それを入力している。
 3相合計の電流は別途モニターし、過電流を検出して17番ピンに入力している。だから特に必要がないのだが、本ではセンサーレスも取り上げており、1つの試験基板でセンサーありと両方の試験ができるようになっている。その関係だろう。センサーあり専用の場合は、恐らく必要ない。
 よって2番ピンは、実際には別の用途に使う(当面は未使用)。

入力
出力
デジタル
アナログ
pin
番号
PicKIT4
pin番号
MCLR IN D リセット入力 1 1
モーター1相電流 IN A 電圧変換された電流 2
外部ボリューム IN A 外部からの命令用 3
電源電圧 IN A モーター駆動電源 4
ホールセンサー1 IN D モーター付属 5
ホールセンサー2 IN D モーター付属 6
ホールセンサー3 IN D モーター付属 7
VSS D GND 8 3
OSI クロック水晶 9
OSO クロック水晶 10
PGD IN ソフト書き込み用 11 4
PGC OUT ソフト書き込み用 12 5
VDD D 3.3V 13 2
外部ボタン1 IN D 外部からの命令用 14

 16番と18番のピンは、本だとパソコンとの通信に使用される。そんな必要はないので、動作試験に流用したい。つまり、dsPIC33 は「動かす」までが大変である。だから、まずはLチカあたりから開始。LEDを16番ピンあたりに接続する。その次は、車体傾斜装置の動作試験を行うのに使う。
 16番と18番にサーボパルスを出力し、リニア・アクチュエイターを動かしてみたい。ここでは、3.3V→5Vのレベル変換も試験できる。

 PicKit 4 は8ピンだが、1〜6番ピンまでを使用して PicKit 3 までと後方互換がある。6〜8番の3つのピンは、どこにも接続しない。

入力
出力
デジタル
アナログ
pin
番号
AVDD A 3.3V 28
AVSS A GND 27
PWM 1L OUT D モータードライブ 26
PWM 1H OUT D モータードライブ 25
PWM 2L OUT D モータードライブ 24
PWM 2H OUT D モータードライブ 23
PWM 3L OUT D モータードライブ 22
PWM 3H OUT D モータードライブ 21
VDDcore IN 3.3Vに接続しない 20
VSS GND 19
サーボパルス2 OUT D 他デバイスと通信 18
モーター過電流 IN D 過電流ならH 17
サーボパルス1 OUT D 他デバイスと通信 16
外部ボタン2 IN D 外部からの命令用 15

 ブラシレスモーターを選定しようとネットを漁っていて気付いたが、廃番になるのが早い。
 こういう世界では、長期に渡って供給が保証されそうな製品を使いたい。すると、どうしてもタミヤになる。タミヤの 15.5T センサー付きが最有力だ。ただし、ホールセンサーがデジタル出力かどうかは、要確認である。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4