Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年6月29日(金) 22:31

フラックス

 長ネジへ、ピアノ線のハンダ付けを進行させる。

 可能な限りハンダメッキを施しておき、いつも通りに超音波洗浄。
 どうしても入り組んだ部分ができてしまうので、フラックス除去に不安がある。

 そのまま水中に一晩放り込んでおいたら、みごとに錆びた。

 残留フラックスが十分に水に溶け出してくれず、錆びさせるパワーを残していたことに呆れる。何しろ、水没させる前には超音波洗浄まで済ましてあるのだ。
 板金用フラックスは強力だが、強力過ぎて除去が大変過ぎる。

 それでもハンダメッキが行き届いた部分は錆びていないため、いかに漏れなくハンダメッキを施せるかが勝負だ。輪の部分にハンダメッキするのが難しく、完全にやられた。
 とはいえこの太さ0.35ミリしかないピアノ線は、定格負荷24キロもある。少々錆びても試験用には十分な強度があるだろう。
 水を切り、コーティングを施してそのまま試験用の組み立てに投入。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4