Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年6月30日(土) 20:12

dsPIC 試験用

 動作試験用の基板を組み立てる。

 ピンアサインとデーターシートと本の回路図を眺めながら、その場の成り行きでパーツを取り付けて行く。後から切断したパターンや、露骨なジャンパーもある。
 実際には、記事として公開している作業の裏で少しずつ何日にも渡って製作を進行させていた。手間は、凄まじく多い。それに、ディスクリートだとどうしても実装面積が必要になる。面積的には、STM32F4 Discovery の基板丸ごとと比較しても、それほどのアドバンテージが無さそうである。

 やはり、ブラシレスモーター制御までは dsPIC33 でやるとしても、ドリル戦車のメイン頭脳は STM32F4 の方が適切に感じる。dsPIC33 でもたぶん能力的には足りるが、動作させるための周辺パーツまで実装した基板を用意するまでが大変過ぎる。
 STM32F4 Discovery は無駄なパーツもあれこれ付いて来るが、最終的なサイズは大差無いうえに使える I/O は多い。

 なお自作プロポの送信機には、液晶付きが魅力的なので STM32F7 Discovery を使うつもり。

 緑の配線は、使わない入力ピンをGNDに接続しておくためのもの。
 いざ使うことになったら、GNDから切り離してそのまま本配線に使う。

 3.3V を作るための三端子レギュレーターは秋月調達だが、800mA まで可能で 500mA におけるドロップ電圧が典型 0.18V 最大 0.28V しかない優秀なものだ。
 数年前に比べて、確実に進歩している。

 基板の電源は、エネループ4本。

 ラジコン受信機側は、モーター用のメインバッテリーから 5V を作ることが多い。しかし、今回はエネループ4本を別に用意して使うつもりである。バッテリーの総搭載量を増やすことで航続距離を伸ばせるし、ノイズ対策になる。
 2系統の電源を用意するのは煩雑であるとして通常は忌避されるが、ドリル戦車のコンセプトは、バッテリー搭載量を増やすことによる航続距離の延長だ。

 余分なバッテリーを積むというのは、自然な流れである。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4