Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年7月1日(日) 21:06

書き込めたが

 電源を入れたとたん基板が燃える、というのは電子工作あるあるだ(汗)。
 だから、まずは電源絡みの配線をテスターで確認し、致命的な問題が無いことを調べておく。GNDとVCCが短絡しているという類だ。次に、GNDがつながっていることや、VCCがつながっていることを確認する。
 それから電源を入れ、異臭も煙も発生しないようであればGNDとVCCの電位を確認する。

 どうやら大丈夫っぽければ、電源を落として dsPIC をソケットにセットする。
 PICkit 4 を基板に接続し、電源を入れる。
 さあ、プログラムの書き込みだ。緊張の一瞬だが、PICkit 4 はあっさりと dsPIC33FJ12MC202 を認識した。プログラムの書き込みとべリファイも無事に完了し、パラドックスは回避されていた。

 だが、ここまですべて順調だったのにLEDが点灯しない。
 ボタンを押すと点灯し、放すと消燈するようにプログラムしておいたが、反応無し。
 ならばと常時点灯にしてみるが、やはり点灯しない。テスターで調べても、出力0Vのまま。

 汎用I/Oの操作が間違っているのか?と、以前 dsPIC30 を扱ったときのプログラムを引っ張り出す。操作方法は、間違っていないようだ。
 でも、点灯しない。いきなりLチカで、躓いた。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

『記事コラボレーションのご依頼について(新条件・新金額)』

イギリスのデジタルマーケティング会社の要請で問合せしております。当方安田幸子と申します。以前イギリスのデジタルマーケティング会社の要請で記事コラボレーションのご依頼についてご連絡させていただきました。この度プロジェクト内容に変更があり、謝礼金も大幅に増額されましたので、貴サイトのように信頼あるサイトで再検討して頂きたくご連絡しております。当方クライアント指定のキーワードを使って、指定ウェブ記事にリンクする記事執筆或いは既存記事への追記というのがご依頼の内容でございます。
こちらのサイトの主旨に背かない範囲でのお願いです。そのようなご依頼に対する対応は可能でしょうか。特定商品の宣伝ではない、一般的な文です。もしよろしければ文の例や謝礼金も含め詳細についてメールでご説明させて下さい。
大変失礼ではございますが、セキュリティ上お返事をいただけますまで弊社クライアント情報を含めたこれらの詳細をご案内できませんことをご理解して頂けると幸いです。どうぞ宜しくお願い致しますBsachikoyasuda1604@gmail.com

written by 安田

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4