Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年7月22日(日) 22:13

皮算用成功

 放熱性能にすぐれた大型の銅板にハンダ付けすることは、熱が逃げるため至難である。

 そこで、板金用大型ハンダゴテをバイスに固定し、恒温槽的に使う。
 融点が183〜184度と低く粘性も小さい共晶ハンダを銅板に載せ、溶けたら電源OFF。再固化する前に割り箸でFETを置いて、押さえ付ける。息を吹くと、早く固まる。そこで銅板を持ち上げ、更に温度を下げる。

 やってみると、意外に電源のON・OFFに対する反応が早くて温度調整し易い。危惧より遥かに簡単に、狙い通りのハンダ付けができた。

 3つ合体している方は難易度が上がるが、それでも十分にスムーズ。

 フラックスを使用することもなく、大型銅板はすんなりFETドレインに密着した。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4