Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年7月31日(火) 23:04

大誤算

 ドレインのハンダ付けはイメージより容易だったが、外すのも容易だった。
 静電気避け代わりに、銅板の上に寝かせておく。

 だが、外した状態でソースとゲートをハンダ付けするのは大失敗した。こっちは、イメージとは比較にならない超絶難易度!

 まず最初にゲート端子に細い配線をハンダ付けした。これは一見するとすぐに完了。ごく普通のハンダ付け作業であり、何も難しく見えない。

 続いてソース端子に太い配線をハンダ付けしようとしたら、ゲート配線が外れた。

 熱で配線が外れたのかと思ったら、FET本体側の突起が根元から外れていた。
 更にソース端子の方も、合計8箇所ある突起の幾つかが外れた。

 そう言えば、昔扱った DC-DC コンバーターにも似たようなことがあった。端子の金属がハンダ付けされた小直方体(1ミリとか2ミリのオーダー)で、加熱すると脱落。
 このFETの腹にはソース端子8個とゲート端子1個が突出しているが、どうやらすべて小直方体をハンダ付けしてあるだけのようだ。

 完全に表面実装専用で、表面実装用の設備でハンダ付けする前提だ。
 こいつは、普通のハンダゴテと道具で手動ハンダ付けするのは至難だ。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4