Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年8月1日(水) 22:19

逆風の時代

 かなり、ショキングだった。
 FETに配線をハンダ付けするだけの簡単な仕事のはずが、実は至難だった。まさか、こんなところで引っ掛かるとは。これでは、いつになったらモータードライバーが製作できるのか見当も付かない。

 端子に小直方体がハンダ付けされているだけの構造で、同様の心当たりがあった
DC-DC コンバーターを確認して驚いた。今ではディスコンになっているようだが、最新の代替品がやはり表面実装タイプだったのだ。
 個人が趣味で行うDIYにおいては、表面実装品は非常に扱い難い。だが、世の中はDIPタイプがどんどん減少し表面実装品に置換されている。趣味の電子工作にとっては大きな逆風だ。また、過去に製作し今は使っていないジャンク品も、重要なパーツだけでも取り外して大切に保存する必要を強く感じる。

 表面実装品になる、というのは単に実装が大変になるというだけの話ではない。改造も困難になるのだ。
 以前の DC-DC コンバーターは基板が見えていたので、基板にハンダゴテを入れることで改造できた。だが表面実装品になると基盤からすべてがパッケージに封入されてしまい、改造できない。

 話をFETに戻すと、IRL7472L1 本来の推奨実装法がデーターシートに記載されている。.
 それによると、ソース端子は何の奇をてらうこともなく、数ミリ角のパターンに素直にハンダ付けするだけのようだ。これでは数百アンペアという耐電流を全く活かせないと思うが、配線が短ければロスも小さくて済むという話なのだろう。
 諦めて、細くて軽い金属片をソースにハンダ付けして済ませるというのもアリだ。

 少なくとも、微小なゲート端子には短いジャンパー線をハンダ付けするだけにするしかないと思われる。5センチほどの細線が、ゲート端子の小直方体ごと脱落したのは酷かった。

 ただ冷静に考え直すと、全体を加熱してドレインとソースとゲートを同時にハンダ付けしてしまうことも不可能ではない気がする。パーツを巧みに支える必要があるが、成功すれば皮算用そのままに仕上げることが可能だ。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4