Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年8月11日(土) 19:24

放射温度計

 千石電商の店頭で売られている、放射温度計。この手の類の製品としては格安の2800円だが、特に使い道はないだろうとスルーしていた。

 だが、板金用ハンダゴテを恒温槽的に使ってのハンダ付けを行っていると、温度を確認したくなる。この場合、放射温度計が絶好だ。安物とはいえ放射温度計なのだから、つぶしも利くだろうと期待し、2800円払ってみた。
 店頭に出ているのは、すべてが温度範囲の最も狭い機種。−30度から+320度である。ハンダ付けの温度管理でも320度まで計測できれば充分であり、それ以外の日常で使うなら更に充分だ。

 ならば、一番安いコレに越したことはなかろう。千石電商も、そう考えてコレを大量仕入れしたと思われる。

 まず重要な話として、確かに本体は2800円だが電池は別売である。9V角電池を1個使用する。ダイソーの108円で、ちゃんと動作した。

 安いだけあり、測定領域が広いことに要注意。測定スポットは、距離の12分の1。12メートル離れると、直径1メートルの範囲を測定する。
 もちろん距離12センチで直径1センチと考えれば、加熱中の銅板を充分に測定可能。ただし、センサーの直径が2センチぐらいあるので、1センチの範囲をスポット測定はできないと思われる。
 また、上部からレーザーポインターが照射されて狙いを付けることができるが、2センチぐらいのパララックスが存在するため手元のハンダゴテを狙うことはできない。まあ銃口を突き付ければ済む話ではあるが、

 いずれにしろ3センチ程度より小さなスポットを測定するのは難しいと思われるので、銅板加熱の温度管理にどこまで使えるかは分からない。参考程度だろう。共晶ハンダが溶けるとき(183〜184度)に何度を示すかを確認のうえ、参考程度に見るべきだろう。

 ただし、測定値は意外に正確だ。仕様では誤差3%もしくは3度となっているが、室内の温度計との差は1度もない。自分の肌に向けると34〜35度になっている。皮膚表面の温度は体温より少し低いはずなので、まっとうな値だ。
 アスファルトの日陰と日向の温度差、同じ日向でも地面と垂直壁の温度差、などなどかなり納得できる値が出る。

 これはこれで、いろいろ使えそうだ。3000円のオモチャとしては、悪くない。

 蛇足だが、レーザーがクラス2と表示されていた。パワーメーターで測定すると、2.24ミリワットと確かに1ミリワットを越えて5ミリワット以下だった。レーザーポインターが1ミリワット以下でなければならないのは周知だが、この手の組み込み機器の場合はクラス2が多い。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4