Darkside(リンクエラー修正しました)

2020年5月18日(月) 21:50

新DCコンバーター

 新しいDCコンバーターを使って、制御系電源基板を製作。

 DCコンバーターの出力側に、村田製作所のノイズフィルターを挿入。

 データーシートの推奨に従い、入出力GND間にフィルムコンデンサーを追加。

 それ以外にコンデンサーもゴテゴテ追加し、過剰装備。
 不具合の正確な原因を調査するには、変更は1つずつ行うべきである。しかし、ノイズ防御が余りにも無効過ぎるため、対策を盛りまくった。これでノイズが抑えられれば、どれが効果を発揮したのか分からなくなる。だが、これだけやってもノイズが抑えられないのでは?という恐怖が上回る。

 制御系電源基板を丸ごと交換し、動作試験。

 ノイズに対しては、何の効果も無かった。これほどまでに、何やっても防御できない攻撃には呆れる。いかなるノイズ対策も、カケラほどの効果も無い。

 余りにムカついたので、制御系だけバッテリーで供給してやろうか?という気分だ。旧レーザー銃では実行不可能だったが、今回は制御系電源を完全分離しているため、やろうと思えば可能である。問題は、制御系電源も18〜36Vから作り出す前提で設計しているため、高電圧のバッテリーを用意せねばならない点。
 12Vを大々的に使ってしまっているし、フォトダイオードの読み取りには更に高電圧を使う。少なくとも15V以上が必要であり、別系統のバッテリーを用意するのはリソースの負担がでかい。

 レーザー銃は、歩兵運用可能であることは絶対。余計な重量を必要とする対策は、下策なのだ。

 ちなみに、制御系電源が切れると、主電源も停止する。そこは、フェイルセーフ設計だ。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4