Darkside(リンクエラー修正しました)

2020年5月31日(日) 21:41

電磁波チェック

 EMI対策は、プロの企業でも苦労する極めて厄介な問題である。個人のDIYでは無視したいところだが、自分自身が妨害で動作不能に陥るのだから無視しようがない。非常に不穏なのは、同じDCコンバーターを使っていた旧電源では、大きな問題になっていなかったこと。なぜ、新電源で大問題になっているのだ?

 DCコンバーターが極めて怪しいが、発生源と確定した訳じゃない。
 原因究明のうえで、発生源の特定は重要だ。そこで、手助けになりそうなカードを漁ることにした。

 1つは、モロそのまんま。電磁波レベルメーターである。
 これにより、電波が発生している位置を直接探す。

 もう1つは、一見無関係なボイスレコーダー。

 これは、録音ではなく外部スピーカー出力を活用する。アナログメーターを取り付けて、音の大きさを針の振れで視認できるようにする。
 こっちは、電波ではなく音波の発生源を特定する狙いである。

 EMIによるノイズの増大と、どこからか発生している異音の大きさは、明らかに相関している。
 異音の発生源が、EMIの発生源である可能性が高いと睨んでいる。電源装置に生身の耳を接近させて音を確認するのは危険だし、主観に影響される。そこで、機械により安全かつ客観的な採音を行おうという話だ。

 電磁波レベルメーターを素組みし、絶賛ノイズばら撒き中の電源に近付ける。

 すると期待通り、メーターが振り切れた。感度を最低にしておいても、振り切れる。凄まじく妨害電波を放出している。
 だが、広範囲で強力な反応があり、発生源を特定できない。

 何らかの対策を行う際に、その対策に効果がありそうかどうかを手軽にチェックすることは、できそうだ。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

『タイトルなし』

ノイズの発生源を特定するためのツールの1つに近磁界プローブというものがあります。
https://www.rohde-schwarz.com/jp/product/emc_near-field_probes-productstartpage_63493-73798.html
名の知れたメーカー品を購入するとかなり高価なのですが、セミリジットケーブルがあれば自作も可能なようです。
http://t-sato.in.coocan.jp/emctest/part1.html

written by Near-Field Probes osusume ojisan

『なるほど』

情報ありがとうございます。
ただ、まず見積もりから、というのは大抵は法人向けですね。
実際は堂々と見積もりを要求すると、半分くらいの会社は売てくれるものですが。
それに今回の問題は、発生場所が分かれば大きく前進という類のものではないので厄介です。

written by IDK

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4