Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年10月31日(水) 21:29

真犯人?

 XC8 と MCC を使用して USART にアクセスする例というのは、案外少ないがそれなりに存在している。だが、余り苦労していないようだ。

 ソフトをいじって試行錯誤するものの、受信は全く出来ない。
 送信はできているかもしれないが、できているかどうかの確認ができない。TWE
LITE から応答メッセージは返って来ない。
 設定をミスしていて、応答メッセージ無効のままだとかバイナリモードじゃないとかボーレートが違うとか・・・とにかく容疑者が多過ぎて絞り込めない。

 だが、ここまで原因不明だと、そろそろハードウェアも疑うべきだ。いや、最初から疑っているが、優先順位がそろそろってことだ。
 さすがに、TXとRXをクロス接続しなきゃいけないなんて基本から間違っていたりはしない。PICの左右を間違えるのはありがちなので、何度も確認しているし。

 いや、間違っているのは TWE LITE 側じゃないか?

 基板上の印刷が紛らわしい。今一度チェックすると、RXが一列ズレてないか?
 細い配線を左端から2番目の端子にハンダ付けしたが、3番目が正解じゃ・・・

 さっそくハンダ付けを、やり直す。
 配線の導通も確認する。OKだ。
 さすがにこれは、真犯人だろ。期待しつつ再びPICを動かすが、応答メッセージは表示されない。TWE LITE からは、相変わらず何も返って来ない。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4