Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年8月15日(木) 20:05

ノズル後退量

 やらかしてしまった。

 ノズルを2ミリ余計に挿入できるように改造したら、ノズルが後退し切れずに給弾穴が開放されない。これでは、BB弾を供給できない。
 いや、もちろん懸念はしたけど、まさか2ミリの余裕もないとは思わなかった。ノズルの後退量に余裕無さ過ぎだろ!

 白いカスタムノズルより短い、オリジナルの青いノズルに戻してみた。それでも、BB弾を通すことはできない。

 試しに銃口からBB弾を放り込み、ホップアップ無しで撃ってみた。

 0.7ジュールまでパワーが回復し、チャンバーを作り直した効果はバッチリ出ている。だがそれでも20%以上のパワーダウンが続いているし、そもそも使い物にならない。

 そこで、ノズルの後退量を増やすことにした。
 計測すると、ノズルの後退量は7.5ミリしかない。BB弾を通すには6ミリ以上の後退量が必須であり、パーツの公差も考えると6.5ミリは確保しないとジャムる可能性がある。そうすると、ノズルをチャンバーに差し込む量が1ミリしか残らない。

 ノズル先端はテーパーになっているため、1ミリしか差し込めないということはパッキンとの密着部分がゼロに近いことを意味する。
 これでは、0.1ミリ単位の狂いでエアーが漏れる。

 チャンバー真っ二つなんて改造で、0.1ミリ単位の精度を出すのはDIYでは不可能だ。だから、ノズル後退量という根本に余裕を持たせるしかない。

 タペットリープレートを引っ張る突起は、直径3ミリである。

 内径3.5ミリ・外径4.1ミリのステンレスパイプを切り出し、楕円に変形させる。それを突起にかぶせ、ハンダ付け。
 これにより、タペットリープレートを約1ミリ余分に牽引可能となり、ノズルの後退量が約1ミリ増えるはずだ。

written by higashino [ラジコン用エアガン] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4