Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年9月5日(木) 21:56

カスタムマガジン

 左が、クラシックアーミー製のコピー品。マルイのパチもん。弾詰まり必至。
 右が、キットボーイのカスタムマガジン。マルイ純正を、ショップが独自カスタムしたもの。一見して、色から違う。

 カスタム品は、BB弾を掻き混ぜる円盤のパターンが違う。BB弾が詰まる付近に、ベアリングが設置されている。更に、内壁が広範囲に存在しない。BB弾を外壁まで溢れさせることにより、混雑を緩和し詰まり難くしていると思われる。

 驚いたことに、メイン回転子の逆側にBB弾が流入するのを阻止するための板が、カスタム品には存在しない。

 P90の300連マガジンは弾詰まりし易く、独自に改造している人が多い。阻止板の設置は、定番の改造である。だが、カスタム品は阻止板が無い。

 更にカスタム品は中央スリットが長く、よりギリギリまでスプリングが前進できるようになっている。

 Sタンクの筐体にマガジンを収納しようとすれば、外壁は設置できない。だが、それではBB弾が漏れてしまう。

 そこで、外壁代わりに0.5ミリ厚のポリカーボネイト板を取り付ける。もちろん、アクリダインだ。BB弾が固着し難いよう、少し弾力を確保しておく。

 BB弾出力部も、移植済み。板金作業を追加し、形状を少し調整してある。BB弾がギリギリで通過できるように、タイトに調整した。
 BB弾の通過に余裕が無いと詰まり易いが、余裕があり過ぎても想定外の重なり具合が発生する。適切な余裕を確保できるかどうかが、想像以上に重要なようだ。

 手動による予備試験を行うと、BB弾が内壁とポリカーボネイト外壁の間に挟まり、スプリングが前進できなくなった。

 だが基本的には、旧マガジンと比較にならないスムーズ装弾になっている。

written by higashino [ラジコン用エアガン] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4