Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年10月11日(金) 21:30

射撃管制基板

 レーザーサイトは、排煙器の膨らみ真下に取り付ける予定。
 ただし排熱を考慮し、アルミパイプの尻尾が1センチほど突出している。尻尾を長くし過ぎると、梃子として働いてしまいビームがブレ易くなる。

 隙間を弾力性エポキシで塞ぎ、雨対策とする。防滴のためにはビーム射出口も塞ぐべきだが、コーティング必須だし水滴が付着した場合は厄介。当面は、何も取り付けない。実装時には、軒の役割を果たす物体が存在するよう配慮すべきだろう。

 ここに至っても、発熱が激しい。同じぐらいの外形のDPSS並に発熱する。サイズと波長から判断すればDPSSではなくLDのはずなのに、実は超小型DPSSなのか?と疑いたくなるほど。
 いずれにしろ、連続発光は実用にならない。無理に連続発光で使用すれば、著しく寿命が短くなるだろう。どうやら、DUTY25の点滅発光専用となりそうだ。バトルタンクに搭載したものは連続発光でスポット前照灯としても使えるようにしていたが、こいつは連続発光厳禁で。

 射撃管制PICと周辺パーツは、メカボックス・ステーに取り付ける。

 メカボックス・ステーは上面がメカボックスに占有だけでなく、下面は電動マガジンのギアやその支持桟と干渉する。そのため、基板やパーツを置ける位置は限定されている。干渉を見落とすと、大変だ。
 基板設置可能な土地を判定し、3箇所に分割して確保。

 どの基板に何を載せるか、というのは確定していない。
 この手の詰め込み問題は、設置場所の自由度が低いものから取り付けると決まっている。

 基板の穴に合わせて、現物合わせでスペーサーをハンダ付け。

 射撃管制PICだけは、この基板に取り付けると決まっている。なぜなら、メカボックス・ステーの上面に取り付けるのが、この基板だけだからだ。下面にPICがあると、メカボックス・ステーを取り外さねばPICを抜き差しできなくなる。それは、極めて不便だ。

written by higashino [ラジコン用エアガン] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4