Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年5月17日(金) 21:18

転輪ゴム

 金属部分の製作は完了し、あとはゴムを取り付ければ転輪完成だ。

 ゴムは屋外使用を前提に、耐候性にすぐれたクロロプレン(CR)ゴムを採用。接着剤として、セメダイン575Fが適切と思われる。

 仕様は、幅9ミリ・厚さ6ミリである。しかし、厚さ6ミリのゴムは市販されていないようだ。そこで、厚さ1ミリと厚さ5ミリを重ねることにする。
 まずは、厚さ1ミリのCRゴムから。シートより幅9ミリで切り出す。長さは134ミリが適切なようだ。

 例によって幅20ミリの焼き入れリボンを巻き、ゴムバンドで結束。内外ローラーの芯を合致させつつ、固化を待つ。

 セメダイン575Fの注意書きは、恐怖の脅し文句がズラりと並んでいて、かなり壮観だ。部屋の換気は、ファンを回して強制的に行うべし。

 取り付け用ネジの頭が塗装されていないが、それは後日でも構わない。

 1液型の接着剤は、どうも個人的に信用できない。

 しかし、一応それなりの仕上がりになる。

 転輪は、ここまでほぼ皮算用通りに仕上がっている。

 あとは、厚さ5ミリのゴムを巻き重ねるだけだ。ただし、1ミリと5ミリでは巻き付けの難易度がまったく違う。最後のオオヤマだ。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4