Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年7月13日(土) 19:39

Jetson Nano 固定

 気分転換に、Jetson Nano の仕上げを行う。

 現状では、放熱板を密着できない。そこで、下端を削る。放熱性能は少しだけ悪くなるが、こうしないと実装できない。実装空間がギリギリなので、削らずに済む位置に Jetson Nano の取り付けを移動させるのは難しい。

 実際には、背面装甲に密着させられるかどうか確認しつつ、削る量を最小限に留めた。

1)放熱銅板をドーターボードにネジ止め。
2)ドーターボードをI/Oボードにセット(↑の写真)。
3)放熱銅板を背面装甲にネジ止め。
4)スペーサーにナットを付けて固定。

 というのが Jetson Nano の固定手順となる。

 スペーサーのナットは取り付けていないが、これが Jetson Nano のSタンク固定状態。

 車体上部を外した状態であれば、Sタンクに固定したままLANケーブルやACアダプターを抜き差しできる。もちろん母艦PCから操作可能。久しぶりに通電させ、普通に操作できることを確認した。放熱面の不安も無い。

 背面装甲の更に上には垂直装甲をハンダ付け予定であり、それによりケーブルの抜き差しは1ミリの余裕もないギチギチ状況になりそうである。だから、放熱銅板を削らずに済ませる余裕は無い。
 なお、装甲寄りのUSBはこのままでは抜き差しできない。それは想定内である。Sタンク搭載状態で、すべてのUSBが抜き差しできなくても困らない。USBカメラは、信号線を引っ張り出して接続する。つまり Jetson Nano 基板にハンダゴテを入れる予定であり、その作業までは未完だ。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4