Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年9月30日(月) 21:37

際限なく膨らむ配線

 もう一方のGND電極に、タミヤコネクターをハンダ付け。

 更に、細めの汎用GND配線を12本ハンダ付け。多くは、ゲート操作基板で使用予定。そのゲート操作基板は、具体的な設置位置を決められない。
 実装の自由度が低いパーツや配線を、先行して取り付ける。ゲート操作基板は、余った空間に追いやられる。バッテリーの実装位置が、さんざん変化したようなものだ。

 配線に必要な空間は常に想像以上に大きく、戦車の車内は常に狭い。

 太目の配線を取り付けたGND電極は、配線が横にハミ出しているのでハンダ付けし直す。

 配線がハミ出した原因は、その位置でしかハンダ付け作業できなかったから。
 そこで理想的な位置にハンダ付けし直そうとすれば、ハンダ付け作業を容易にせねばならない。

 一見すると、こんな大型物体のハンダ付け作業に制約があるというのは実感できないかもしれない。実は、大型ということが困難に直結している。
 ハンダ付けは、対象物にしっかり熱が回っていないと、不良になる。大型の銅板は放熱性能に優れ、なかなか加熱できない。配線側のハンダはしっかり溶けているが、銅版側のハンダは溶けておらず、ハンダ付けしたつもりがハンダ付けされていない・・・極めてありがちなミスだ。

 この大きさの電極と太さの配線を確実にハンダ付けするには、大容量のハンダゴテを要する。手元にあるハンダゴテでは、コテ先の巨大な板金用の出番。だから、作業は至難なのだ。うまく加熱できる空間的条件が、限定されている。

 電動ガン用と、サスアーム駆動サーボ用2つ。合計3つのヨーロピアンコネクターをハンダ付け。

 作業時間の大半は、作業空間の確保に費やされる。
 心臓外科医が難手術やってるような気分だ。

 大加熱が必要なハンダ付けは、どんどん先行して行っておかねばならない。後からでは、作業不能。
 際限なく膨らむ配線は、頭が痛い。更にまだ、ゲートドライブ基板が別途必要なのだ。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4