Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年11月26日(火) 21:21

電極合体

 GND電極との合体を、2セット作成。

 単純作業のようだが、平面を出すのが意外に厄介。シャーシ床面から放熱するので、平面が出ていないとマズい。

 FETを更にハンダ付けするが、ここでもポイントは平面を確保すること。

 パーツの仮固定も重要で、ハンダ付けは作業開始前の仕込みの方が遥かに大変。ハンダ付け箇所は少なくても、適切な準備ができなければマトモに仕上がらない。

 形状が少々不揃いでも、支障はない。平面さえ出ていれば良い。

 あとは、ゲート端子が独立しているかどうか。独立させ過ぎて、ソース端子が電極からハミ出していないかどうか(性能低下の原因)。

 最後に、旧ユニットから流用の+電極にハンダ付け。
 この位置決めを容易に行うには、GND側から順に組み立てねばならない。それは、ゲート端子の位置合わせが厄介だから。

 最大の銅板に4つのFETを同時にハンダ付けするため、例によって板金用ハンダゴテを恒温槽的に活用した。

 単純な組み立てに見えるが、平面出しとゲート端子の処理は相当に厄介。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4