Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年11月27日(水) 21:22

GND電極

 まず、ローサイドFETのゲートに、配線をハンダ付け。
 ここでも、ハンダブリッジには細心の注意が必要。

 表面実装タイプのFETは、FETに近接してプルダウン抵抗等を実装するのが困難なのが玉に瑕。

 余りの銅板で、GND電極を試作。

 この手の折り曲げは、適切な長さで行うのが難しい。板金時に、正確な位置ではなかなか折れてくれない。
 更に、幅も広過ぎる。このユニットはサーボが隣接するため、幅が広いと干渉する。

 適切な幅で銅板を新しく切り出し、板金し直す。

 これなら、許容範囲だ。

 穴を開ける位置を、大雑把に確認しておく。モーター配線その他が通る穴が、必須。だから旧ユニットは、このような一体型のGND電極ではなかった。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4