Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年11月30日(土) 21:07

モーター電源コード

 オートウエルドの保持能力は期待通りで、プルダウン抵抗を4隅に無事ハンダ付けできた。

 リポバッテリー用電源コード+側を、ハンダ付け。取り付け穴を使用しないため、旧版では使用できなかった部分を活用可能。
 サーボユニットとの干渉を回避するため、見た目よりも使用可能な空間が狭い。ネジは、著しく邪魔になる。

 更に、システム主電源用FETも、ハンダ付け。熱容量が大きく、これもハンダ付け至難物件。

 今後の組み立て構想をイメージすると、システム主電源FETは位置が悪い。というより、ゲート端子の位置を勘違いしていた。そこで、電極の逆側にハンダ付けし直す。少し斜めになってしまったが、大勢に影響ないので放置。これハンダ付けし直すのが、凄く面倒臭い。

 いよいよモーター用電源コードをハンダ付けしようとしたが、狙った位置にくっつかない。ハンダ付け自体が困難。熱容量が大きいので板金用ハンダゴテを投入したら、コテ先が大き過ぎて作業できないのだ。
 ハンダ付け前には、配線が邪魔にならないよう仮止めせねばならない。あれやこれやで、作業はほんと全く進行しない。

 通常のハンダゴテで、何とかモーター用電源コードをハンダ付けできた。これも、オートウエルドの助け無しでは成功しなかったと思われる。
 プルダウン抵抗も、溶かし込んだ。

 プルダウン抵抗を下に敷いた奴はハンダ付けし難く、後から上にくっつけた奴は綺麗にハンダ付けできた。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4