Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年12月2日(月) 21:34

ローサイドゲート配線

 諦めて、温度センサーはオートウエルドで中央に接着。

 金属部分もろとも、完全に埋める。

 ローサイドFETゲート配線を引き出し、先端に電流制限抵抗を付ける。

 PIC16F88 の頃は、GPIOに流せる電流は最大20ミリアンペア。吸い込みが25ミリアンペアだった。だが PIC16F1579 は、共に50ミリアンペアまで強化されている。かなりの電流を直接ドライブ可能なのは、8ビットPICの長所である。むしろ上位PICの方が、電流を取れない。
 5Vゲート直接操作は100Ω以上による制限が必要な計算で、マージンを考慮し150Ωを採用。

 コネクターにまとめ、FET側はオートウエルドによるコーティングを進める。

 配線が浮かないようマスキングテープで押さえる必要があり、全面を一気にコーティングすることはできない。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4