Darkside(リンクエラー修正しました)

2020年1月16日(木) 21:30

ブラシレス採用

 ESCを使用するためには、受信機サーボパルスを与えてキャリブレーションせねばならない。ニュートラルと、前進最速とバック最速のパルス幅を認識させる訳だ。
 それが済むと、ESCの詳細設定が出来る。PCアプリ上から、リバーススピードを100%に設定。前進と同じ速度で、バックできるようにする。

 実際にはモーターの進角があるので、バックの方が若干性能ダウンする。しかし実車Sタンクでも、前進の最高が時速60キロに対し、バックは時速55キロである。

 続いて、スロットルカーブを対数的に設定。

 これで実際にブラシレスモーターを動かしたところ、残念ながらスロットルカーブは殆ど無意味であると判明。というのも、極端に低速の場合はピー音が耳障りなだけでモーターは回転してくれない。スロットルを半分ぐらい開けるまでモーターが動かない。
 だから実用上は、リニアカーブの方が扱い易い。リニアカーブでは超低速でのスピード調整が困難だが、そもそも超低速ではモーターが動かないのだから。

 自作ドライバーでブラシモーターを動かした場合と、市販ESCでブラシレスモーターを動かした場合で、モーターが回転する速度域は同等。
 ならば自作ドライバーに意味は無いし、市販ESCもリニアカーブでいい。更に追加すれば、どうやらスロットルカーブは前進にしか適用されない。バックは、常にリニアカーブである。戦車は前進とバックが同等でなければ困るので、それなら両方リニアカーブでいいだろ。

 いずれにしろ、超低速走行は無理と判明。それでも、それなりの低速では走れるし、ラジコン戦車としての実用性はギリギリ保たれると判断。走行用モーターは、ブラシレスを市販ESCでドライブすることに決める。
 問題は、照準に直結する旋回の方だ。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4