Darkside(リンクエラー修正しました)

<< 前のページ

2020年4月12日(日) 12:59

レストアできる保証はない

 ほぼ4日間、パソコンが停止していた。自分史上、最悪に大変だった。
 何が起きていたか、記録を残しておこう。

 発端は、パソコンの動きが突然遅くなったこと。
 更に、再起動時にチェックディスクが走る。これは、HDDが壊れ掛けているときの典型症状である。さっそく、最新の重要ファイルをコピーして退避させておく。既に、多数の読み取り不能ファイルが発生している。壊れ掛けているのはCドライブ(システム起動ドライブ)なので、最高の警戒を要する。
 どうせHDDの入れ替えは必至なので、この機会に起動ドライブをSSDに換装することにした。

 起動可能であり、まだHDDは完全には死んでいない。今の内に、換装することにした。
 話は簡単で、CドライブのフルバックアップをSSDにレストア。交換してパソコンを起動させるだけだ。Cドライブの使用容量は4分の1テラバイトていどなので、1テラバイトのSSDを選ぶ。

 愛用のバックアップソフトは、HD革命BACKUP11である。ソフトとしては古いが、起動可能CDROMも付属している。動作実績もある。ただし、動作は遅い。4分の1テラバイトしかないのに、レストアに一晩掛かる。この時点で、パソコンの停止が長時間に及んでしまう。
 これに限らず、ストレージの肥大化によりレストア作業に膨大な時間が必要になっているのは頭が痛い問題だ。
 ところが、目が覚めるとレストアが止まっていた。終わっていたのではない。エラーが発生していたのだ。そのまま再起動させるが、SSDからはOS起動できない。

 合計3回試したが、すべてメモリーアクセス違反で停止。レストアができない!
 こんな経験は、これまで無かった。バックアップファイルはエラーチェックしても何ら問題はなく、単にレストアできないだけだ(をい)。
 バックアップにも時間が掛かるし、レストアにも時間が掛かる。壊れてもいないのに、レストアが正常にできるかどうか試験しておく、などという手間を掛けている者は殆ど居ないのではなかろうか?
 バックアップを取るのは重要だが、それが本当にレストアできる保証はない。仮にできたとしても、想定以上に長時間を要しずっとパソコンが使えない、というのも充分ありえる。

 3回もレストアやるのを、単に待っているだけなのは無駄である。
 レストアの裏では、半壊したHDDを新品HDDに「まるごとコピー」してみた。最近はパソコン無しでHDDを複写できるハードが安く出回っているし、多くの製品では不良セクターを無視して複写できる。まだ起動可能なうちに、半壊HDDを丸ごとクローンしておく。これも、何時間も必要なのは言うまでもない。
 更に、HD革命BACKUPの最新バージョンを購入。旧製品ではエラーを起こしたが、最新製品ならレストアに成功するかもしれない。

 ところが、レストアできるかどうか以前に、バックアップファイルを認識してくれなかった。旧バージョンのバックアップファイルも当然に扱えると思っていたら、そうではなかった!
 クローン終了したHDDに入れ替えてみるが、OSは起動しない。ブートローダーが、OS区画を認識できない。これは2000時代に散々お目に掛かったエラーで、マイクロソフトはドライブを物理番号で認識している。マザーボードに接続する順番を変えると、認識できない。ドライブレターの概念と合わせ、Windows系の重大な欠陥だ。
 2000時代ならブートコンフィグが短いテキストファイルだったので、エディターで書き換えて起動させる荒業が使えた。しかし、今や編集など不可能である。

 素直にOSインストールディスクから起動させ、OS修復を行う。
 これで正しい区画が使用されるようになったが、今度は必要なファイルが見つからないようだ。やはりエラーでOS起動しない。
 止むを得ず半壊HDDをパソコンに戻し、OS起動。させようとしたがOS起動しない。「必要なファイルが存在しないか、壊れています」手遅れだった。半壊HDDが、事実上の全壊に悪化していた。クローンした段階で、OS起動に必要な致命的ファイルまで破損が及んでしまっていたのだ。
 こうして、元の環境でOSを起動させる手段が完全に絶たれた。

 ようやく諦めが付いたので、SSDにOSをクリーンインストールする。
 だが、OSは簡単にインストールできても環境を復活させるのは凄まじく大変である。これだから、Cドライブのバックアップは途轍もなく重要であり、それが使い物にならないというのは想定外もいいところ。これから何日苦闘しなければならないか、と欝になりつつ半壊クローンHDDから設定ファイル類を引き上げる。あちこち壊れているうえにファイル権限まで絡み、これがとんでもなく大変。しかし、ソフトによっては再インストールが不可能に近い難易度のものも多く、システム系ファイルは貴重極まりない。

 そうやってファイルを必死で救出しているうちに、イメージバックアップ11という別のバックアップソフトが入っていたことに気付いた。
 なぜ忘れていたかと言うと、単独起動ドライブが作成できず、今回のようにシステムドライブが死んだら使い物にならないからである。HD革命BACKUP11とは異なり、単独起動用CDが付属していない。自分で起動用CDを作らされるのだ。それだけなら多数派だが、手順に従って起動用CDを作ろうとしてもエラーが出て頑として作れない。 当時あれこれ頑張ってエラー回避に努めたが、同一症状が他になくてネットでも情報は皆無だった。
 そんな役立たずを持っていても仕方ないので使わないことにし、1年半経って記憶からも消えていた次第。

 しかし、最初に1回だけバックアップファイルは作っていた。

 半壊ファイル群の中に、イメージバックアップ11の実行ファイルも含まれている。リカバリーしたばかりで何も入っていないOS上から、restore.exe というソレっぽい名前のファイルを実行すると、無事に起動した。
 これが最後に訪れた唯一の幸運で、1年半前のバックアップがエラーなくレストアできた。ブートローダーはOS区画を認識できなかったが、OS修復でちゃんと正常になった。1年半前の状態ではあるものの、ソフトも環境も含めて復活した。
 その後は、復活も高速に進行。パソコンは、元に戻った。SSDの高速性を得て。

 以上は、あくまでダイジェトスです。セキュリティー等の関係で意図的に書いていないこともあるし、細部であれこれ試しています。こっちもパソコン歴は長いので、誰かが思い付くようなことは書いてないだけで大抵試しています。

written by higashino [ネット・PC] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年10月11日(木) 21:23

$_COOKIE で読めない

 perl で書き込んだクッキーが、php で読めないというトラブルが発生した。
 検索してもヒットしないため、ここに情報を公開しておこうと思う。

 簡単な php のプログラムを作って実験したところ、perl で書き込んでいるのが原因ではなかった。
 クッキーの名前に、ピリオドが含まれていたのが原因のようだ。

 setcookie() で書き込んで、すぐに $_COOKIE[] で読み出してみる。
 それでも、名前にピリオドが含まれていると取得できない。
 perl の場合、ピリオド入りの名前でクッキーを書き込んでも、普通に読み出せる。

 クッキーの名前としてセミコロンやカンマは禁止されているが、ピリオドが禁止されているという情報は発見できなかった。
 なぜ php では駄目なのか分からない。止むを得ず、名前を変えることにした。アンダーバーなら、php でも読み書きできる。

written by higashino [ネット・PC] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年8月14日(火) 20:44

AIの搦手

 最近流行の人工知能に対し、趣味としてどう関わって行くかを判断する第一歩として、この本を買って来た。AlphaGoZero
を受けての改訂版で、先月出たばかりの新刊である。

 自分は、人工知能にガチで取り組むつもりはない。というのも、現在流行の最先端になっているAIは、計算リソースが決定的に重要だからである。
 強力なAIを手にするためには、膨大な計算リソースが必要になる。アルゴリズムではなく、計算リソースが勝負を決める。そういう匂いがぷんぷんするわけだ。AlphaGoZero
がたった3日で人類を越えたと喧伝していたとき、個人のPCで計算やらせたら350年ぐらいかかるよ、って話があったわけで・・・本当に恐ろしいのは、Google
の計算リソース。

 しかもその場合の個人のPCって、10万円クラスの高級ビデオカードを2枚挿ししているような一般人離れしたユーザーのPCだ。

 そんな計算ソリースで殴るような世界に、趣味でほいほい参入してもロクなことにならないだろう。
 思い切りアテが外れた。実を言うと、囲碁AIは将来の趣味として狙っていたのである。理由は、難攻不落であり、かつカネが掛からない趣味だから。それが、あっさり落城したうえに、カネが無ければどうしようもない世界に一変しやがった!

 ただ、AI自体は非常に華やかであり、興味を惹かれる応用分野が幾らでも存在する。そこで、真正面ではなく搦手から攻めてみたいと思う。非現実的な計算リソースを要求されず、それなりに楽しめる搦手である。では、それは具体的にどういうものか?

 しょうじき現状では、判断する能力が不足している。だから、第一歩なのだ。

 蛇足ながら、あの有名な質問「2位じゃ駄目なんですか?」に対する答えも今や非常に簡単になったと思う。
 計算リソースは人工知能の能力を直接的に決める要因となっていて、計算で後れを取れば人工知能で遅れを取りますよ。

written by higashino [ネット・PC] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年6月4日(月) 21:03

ソフトの寿命

 使用するビデオカメラがHD化した初期に使っていた動画編集ソフトが、Corel Video Studio 12 plus だった。
 撮影データーは生データーのバックアップと共に、それを編集する際に使用したプロジェクトファイルも保存しておくのが常だ。

 しかし当然ながら、プロジェクトファイルは動画編集ソフトごとに異なり、同系列のバージョンアップ版を除くと互換性はない。別の動画編集ソフトに乗り換えると、古いプロジェクトファイルは開けなくなる。利用できなくなる。
 10年ぐらい前の素材を再利用しようとしてバックアップを起動したところ、前述した VS12 の VSP ファイルを利用できないことに気付いた。しかし、Video Studio という編集ソフト自体はバージョンが 2018 に上がって継続している。さっそく無料試用版を落としてみると、VS12 当時の VSP ファイルを正常に読むことができた。タイムラインにも、正常に表示されている。

 だが、プレビューすると時々ブロックノイズが出る。エンコードして生成された動画ファイルでも、ブロックノイズが入っている。
 10年間保管している間にデーターが壊れたのか?と真っ青になるが、生データーを再生するとブロックノイズなど全く無い。

 VS12 では何の問題も無かった記憶だが、VS12 を今から新たに入手するのは、ほぼ不可能である。

 当時のPCを数年ぶりに立ち上げる。BEEP 音が3回鳴るだけで、画面は真っ暗なままだ。一般的にはメモリー関係のエラーらしいが、そういえばこの旧機は、メモリーエラーを良く発生させていた。筐体を開けてCPUヒートシンクに詰まった埃を掃除し、メモリーを抜いて端子を清掃する。挿し直すと、今度は正常に起動した。久しぶりに拝む Windows XP である。
 この旧機には VS12 以外にも、Canopus DV Raptor とか殻付きDVD-RAMを読み書きできるパナのドライブとか、レアものだらけである。だから、下手にOSのバージョンアップはできないし廃棄もできない。

 VS12 をインストールしたディレクトリからファイルを引き抜いて、現在使用中のPCに放り込む。案の定で、VS12 が体験版として起動した。最新の 2018 は試用期間が30日間だが、これは15日間になっている。まー試用できなくなっても旧機では使えるが、旧機は2TBを超えるHDDを扱えないのが厄介。
 なお、この VS12 をアクティベートしようにも、対応するアクティベートサーバーは既に動いていない。つまり、今から VS12 を入手することは「ほぼ」ではなく完全に不可能であることが確定してしまった。最近流行のネットアクティベートは、こういう問題がある。Canopus が潰れた影響は、こういうところに出る。試用期間後は、旧機を使うしかない。

 VS12 で読み込むと、ブレビューは正常。出力した動画ファイルも正常。
 何てこった。ソフトがバージョンアップしたら、正常にエンコードできなくなりやがった!
 こんなことって、あるのか。なおさら旧バージョンのアクティベートを不可能にされた事実はでかい。旧機が壊れたら、終わりだ。
 今後は、Aviutl で可能な編集には積極的に Aviutl を使っていきたい。情報が整理されておらず使用には多大なノウハウを要するが、無料ソフトだから将来アクティベート不能になるというリスクがない。

 でも、Aviutl も最新版が 2013 年なんだよな。代替になるオープンソースの動画編集ソフトがあれば安心なのだが。

 ところで、VS12 で正常に扱えるのに VS2018 では時々壊れる動画ファイル。それは、Canon EOS-5D2 で撮影した MOV ファイルである。
 VS12 と VS2018 の間に存在した事件として、アップルが Windows における QuickTime のサポートを中止した、というものがある。恐らくそれに伴って、MOV ファイルの処理を独自に実装直したのだろう。それが完全ではなく、QuickTime 頼りの VS12 と差が出たのではないかと推測している。
 いつまで使い続けられるか不透明だが、手元にある QuickTime Pro のインストールファイルとアクティベート情報は貴重だ。しっかりバックアップしておかねば。

 それから、各メーカーは動画の入れ物として MOV 形式を採用しないようにして貰いたい。

written by higashino [ネット・PC] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2017年1月6日(金) 22:03

囲碁の神

日本のプロ棋士で人工知能絡みのつぶやきを多く行っているのが大橋拓文

今回の件は衝撃が大きかったようで、ちょっと不安定ぎみ。
先=2子という謎理論には、既に大量のツッコミが入っているようだ。

先=2子という理論は、2手目以降の白と黒の着手が見合いになっていて価値相殺されるとすれば、という仮定の上に成り立っている。
だがそんな仮定が成立するなら、1手目以降の黒と白の着手だって見合いになっているのが自然であり、そうするとそもそも先番優位が存在しなくなる。
つまり、仮定がおかしい。無限級数の合計を計算ミスしました、みたいな話である。

ちなみに囲碁の神様がいるとしたら少なくとも、Masterに99%勝つ存在に99%勝てると思います。人類の進化に例えれば、現在の人間囲碁は石器時代レベル。Masterは電気を発明、囲碁神はインターネットより高速。ぐらいと想像しています。

完全解析できる存在=神とすれば、
Masterに99%勝つ存在に100%勝てる
という記述が的確だろう。完全解析できるのに1回でも負けるとすれば、それはコミがおかしい。

仮に完全解析できなくても神たり得るとすれば、現在の AlphaGo でも十分に神だ。
人間が神と打てばこうなる、という気分に浸りながら観戦可能なレベルにある。

ところで、囲碁を打つ人工知能をガンガン強くして何の意味があるのか?
もちろん将来的にダウンサイジングされて個人が使えるようになれば楽しいが、やはり深層学習の効果を宣伝する意味が大きい。
Google 自身にとっても、深層学習に投資する確信を持つことができる。具体的に、現在の Google は深層学習に特化したハードウェアを製作している。
深層学習の威力に確信が持てれば、心置きなく存分にカネを注ぎ込めるわけだ。

written by higashino [ネット・PC] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4