Darkside(リンクエラー修正しました)

<< 前のページ

2020年8月11日(火) 21:03

R5 vs R6 vs α7S3

 キヤノンから R5 と R6、ソニーからはα7S3 が発表され、動画デジカメの世界も急に賑わって来た。しかし、個人的にはなかなか悩ましい状況である。

 オーバーヒートが話題になっていて、実使用でどこまでトラブルが起きるのか不安が大きい。旅行で長回しする状況だと、明らかに GH5 をバックアップに持って行く必要がある。そうすると、最初から GH5 のままで良いんじゃね?という話になる。
 GH5 はマイクロなので、フルサイズのデジカメ動画の動向をずっと追っていた。だが、確かに GH5 には不満が多いが、決定的な問題は動画AFが使い物にならないという部分ぐらいしかない。発売当初に購入して何年も使ったが、あとは 4K60p 10bit 内部収録ができない問題ぐらいだ。

 60fps にはこだわりたいので、30p しか対応していない R5 の 8K は、無いのと同じ扱いである。つまり基本は、4K60p がどのていど使い物になるのか?
 ここでは、オーバーヒート問題を一時棚上げにして考える。

 その観点で見ると、R5 より R6 が望ましい。
 なぜなら、R6 は 4K60p 収録を 5.1K オーバーサンプリングで行えるからだ。単版式である以上、オーバーサンプリングによる画質向上は大きい。計算すると、1.8倍弱の画素から縮小収録になるので、三板式にかなり近い画質が期待できる。FOVEON との比較から、単板式はおよそ倍の画素で釣り合う。FOVEON の1500万画素×3に匹敵する画質は、単板式なら3000万画素という次第である。
 あくまで目安であって被写体次第で変化はあるが、動画は 4:4:4: ではなく 4:2:2 または 4:2:0 が主流だということも考えると、画素数2倍からのオーバーサンプリングで三板式に匹敵すると考えて問題はない。

 つまり、画素数1.8倍弱からのオーバーサンプリングとなる R6 の 4K60p は、R5 やα7S3とは「はっきり分かるほど」の違いが期待できる。

 また、動画AFの性能も、基本的に R5 と R6 は同等と考えられる。R5 の動体AFは非常に評価が高く、デジカメ史上最高との評価も多い。GH5 の動画AFはどうしようもないので、この部分では大きな購入動機がある。
 動画で強力なAFがあれば、撮れていたのに。そういう被写体は、多いのだ。GH5 で何とかなっていたというより、そういう被写体は諦めて、撮りに行かなかったという面もある。

 かくして、R5 と R6 と α7S3の中から選ぶのであれば、本命は R6 である。
 ただ、おいそれと手が出せない。
 やはり、オーバーヒートは問題である。ソニーだって、オーバーヒートで何年も叩かれ続けた末にα7S3があるのだ。キヤノンは次のマイナーチェンジで、部分的なオーバーヒート対策を講じるだろう。慌てて買わずに、R6 の後継機を待ち、それまでは GH5 で我慢するという方に傾いている。現段階での R5 や R6 に対する世間の評価は、スチルがメインで動体を追うなら最高。動画が最重要の場合は薦められない・・・というものだ。

 そして動画メインで見た場合、3840*2160 収録がクロップされるのもいただけない。
 R5 や R6 はクロップ無しを謳っているが、公開されているトリセツでは16:9だとクロップされることが明記されている。画角が、7%弱狭くなる。これはα7S3も同様で、こっちは10%も狭くなる。せっかくのフルサイズ動画なのに、やたらクロップされるのだ。これも、慌てて買う気が失せている理由である。
 クロップ率はキヤノンの方が小さいが、一方でキヤノンにはズーム操作中に動画AFが停止するという、とんでもない欠点がある。シネレンズ以外の大半のズームレンズは、ズーム操作によってピントが移動する。それなのに、ズーム操作中に動画AFが停止するのでは、まるで意味が無い。

 やはり、R5 や R6 は最強のスチルカメラであって、動画用ではない。その割に動画能力を宣言してるから性質が悪い。それでも、動画AFが動体をどれぐらい優秀に追えるのか?実例が蓄積され世間の評価が固まるころ、それ次第で R6 を買ってしまうかもしれない。
 5D2 の初期は、動画がフルオートのみだった。絞りなどを設定するため、レンズ接点にセロテープを貼ってカメラを誤魔化して・・・なんてことを必死でやりながら撮っていたものだ。R6 の細かな欠点やオーバーヒート問題も、運用回避を頑張りつつ何とか出来るかもしれない。長所の大きさ次第では、そのリスクと苦労を行う価値が出る。

 今は新型コロナのせいで、イベントの多くが中止となり、魅力的な被写体の多くが消滅した。それだけに、様子見し易い。

 見送りが決まった場合は、代わりにハイスピードカメラを買う。α7S3 ってFHD240pが使えるけど、FHDの解像度無いんだよね。4K120p 使えるカメラは、FHD480p 乗せてくれよ。R6 も FHD240p ぐらいあると簡易ハイスピードカメラになるのに・・・

written by higashino [カメラ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2020年1月1日(水) 13:45

アスペクト比

 最近は、カメラの市場縮小が話題だ。スマホに駆逐され、コンデジの売り上げは10年前の10分の1に落ち込み、レンズ交換式もミラーレスの伸びでは補いきれない急速縮小中。だが、ソニーのミラーレスだけは元気だ。技術的に良いものを適価で発売すれば、馬鹿売れする。そんな古き良き時代の製造業が残っているように感じる。レンズ交換式カメラ以外では、ゲームマシンなどもそうだ。

 それはともかく、カメラ市場にはまだ満たされないニッチが残っていると思う。特定の目的でカメラを探した場合、ロクな選択肢が無いのだ。そこを埋めてくれるなら、まだまだ市場は残っていると思うので書いてみたい。
 そう思ったのだが、いざ書き始めると最初のネタだけで終わってしまいそうだ。記事タイトルも変更した。

 デジカメのアスペクト比は、大きく分けて4:3と3:2がある。前者はフォーサーズと大半のコンデジ。後者はフォーサーズ以外の大半のレンズ交換式で採用されている。後者は、フィルムカメラが3:2だった歴史的事実を引き継いでいる。前者は、昔のテレビや昔のPCモニターが4:3だった歴史的事実を引き継いでいる。
 だが、今やフィルムカメラは絶滅同然だし、4:3のテレビやPCモニターも同様である。一方で、カメラ需要の大半を持って行ったスマホは16:9が多く、最近のテレビやPCモニターも同様である。写真の鑑賞手段が圧倒的に「スマホの画面」になっている事実も考えると、いいかげんデジカメのアスペクト比を16:9にすべきだと思う。
 スマホ以外でも、写真をプリント鑑賞する頻度よりテレビやPCモニターで観賞する方が遥かに一般的になっているし、更にそうなって行くと思う。テレビは半ば国策のように4Kだ8Kだと進んでいる。せっかくの大画面高精細モニターに写真を表示したとき、4:3や3:2では両端が余ってしまう。最初から16:9で撮影された画像を、全面に表示して鑑賞したいものだ。スマホ画面だって、同様。
 ヨドバシに置いてあるデジタルフォトフレームも、16:9が多数派だ。

 16:9で撮影したものをプリントすれば、上下が余ってしまう。しかし最早、プリントではなくモニター鑑賞をデフォルトにフォーマットを決める時代ではなかろうか。

 もちろん現在でも、デジカメの多くが16:9で写真撮影可能だ。しかしそれは4:3や3:2の撮像素子の上下を使用していないのであり、情報を無駄に捨てている。画角も、狭くなる。それは、時代遅れだ。
 16:9の撮像素子を採用し、4:3や3:2で撮影する時は撮像素子の左右を使用せず情報を捨てる。そうすれば、圧倒的多数派の16:9鑑賞時における有効撮像面積を稼げる。画角も、狭くならない。

 アスペクト比16:9のフルサイズセンサーを最初に搭載するカメラメーカーがどこになるのか、注目している。時代を認識できていれば、そういう製品を自信持って送り出せるはずだ。つまり、時代を認識できている証明であり、どこがそれを行うかは注目大なのである。

written by higashino [カメラ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年11月8日(木) 21:24

様子を見る

 録画中LEDがピタリと時間通りに点滅を終了せず、1秒長かったり1秒短かったり。思った以上に調整に手間取った。

 本来のリモコン機能は、問題なく動作。

 これで動作確認は終了し、LEDおよび新配線をアラルダイトで固定する。
 アラルダイトは、何度も使っているうちにチューブから漏洩してベトベトになる。いつもそうだ。原因不明である。チューブに穴が開くわけではなく、キャップの隙間から漏れるのだ。キツく締めておいても、漏れる。訳が分からない。
 そのため、アラルダイトの容量を使い切れることがない。

 固定強度よりも、短時間で固定したいときにアラルダイト。

 C言語になったことで、PICのプログラムも強化。録画中に、子機のボタン入力を受け付けるように改良。結構面倒であり、アセンブラならやってられなかった。
 XC8なら複雑な制御も十分に可能だし、ソフトの保守性が良くなる。将来更にPICを変更することがあっても、流用は容易だろう。

 実は、コネクターから先のカメラリモコンコード部分は元のままである。作り直すためには、カメラリモコンを新規調達せねばならない。仮にこの部分が接触不良であれば、録画失敗トラブルは解消しない。
 しかし逆に、録画失敗がまだ発生するようであれば原因がカメラリモコン部分だと特定できる。それならば、購入し直しも無駄にならない。

 当分は、コレで様子を見る。録画中に割り込んで録画し直しが出来るようになった機能強化も、ほんとうに想定通りに動くかどうか実地のフィールドテスト。この旧リモコンで動作確認できれば、ハイスピードカメラ用の新リモコンにも流用できる。

written by higashino [カメラ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年11月7日(水) 21:07

交換と修理

 まずは、PICの単純置換を行う。

 XC8で記述したプログラムを書き込んだ PIC16F1827 を、既存の PIC16F88 と差し替える。たんに差し替えるだけで、他のハードは一切変更無し。
 これでまず、既存と同様に動作することを確認する。

 最初は、動作しない。たいていは、ボタンを押したときが1なのか0なのかといった細部の認識が間違っているだけだ。割り込みの積極利用に構造を変えたとはいえ、やることは単純なのだから、C言語を使ったうえで悩むシロモノではない。

 だが、問題は不安定現象。動作試験中に突然カメラ操作が全く効かなくなったり、有線ケーブルを動かしまくっていると勝手に録画がスタートしたり・・・と不具合が発生した。しかし、再現性がない。どこに外力を加えると誤動作するのか?特定できない。

 そこで特定を諦め、PIC基板から先の配線すべてを新品パーツで作り直すことにした。

 キヤノンの赤外線リモコン出力は使用機会が無いと見切れたので、廃止し初期仕様に戻す。すなわち、赤外線発光ではなく可視光発光だ。録画中に点滅させる。

 メインとなる有線リモコンは、FETによるスイッチングである。4年前に使用したFETの在庫がまだあるので、普通に同じものを使う。ゲート操作抵抗は330Ωだが手元に見当たらないので、470Ωで代用。特に問題は無いはずだ。
 そして、筐体外に出る部分の配線は、太いものを使用。物理的強度を上げる。

 PIC基板の根元から、丸々交換する。

written by higashino [カメラ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年11月5日(月) 21:22

仕様概要

 今なら設定を人間が確認する手段として、例の液晶ディスプレイに限る。ピン2本を使うだけで32文字を表示できる威力は大きい。だが、この親機は、LEDを8個使用して設定を確認している。「待ち時間」4通りと「録画時間」4通りを確認するため、合計8個ものLEDを使用する。ピンも8本消費する。ただし、悪い話ばかりではない。日中屋外での視認性は、LEDが強烈である。液晶ディスプレイは、視認できる位置が限定される。

 ZIG_IN は、子機のボタン状態。ZIG_OUT は、子機のLEDを点灯させる。

 「待ち時間」4通りは LED_WAIT1〜4を点灯させて表示し、その切り替えは BUTTON1 が押されることで行う。
 「録画時間」4通りは LED_REC1〜4を点灯させて表示し、その切り替えは BUTTON2 が押されることで行う。

 

 タイマー割り込みで、0.5秒ごとにカウンターをデクリメントさせる。

 子機のボタンが押されたことを認識すると、「待ち時間」と「録画時間」の設定を確認。有線リモコンをONにしたりOFFにしたりするタイミングを、変数に保存する。割り込みハンドラでは、その変数値とカウンター値を比較し、一致していれば有線リモコンをONしたりOFFしたりする。
 リモコンを押すという操作は、リモコンをONにする →(0.5秒待つ)→リモコンをOFFにする、というシーケンスになる。だから、割り込みは0.5秒毎なのだ。そして、動画の録画は、録画開始時にリモコンを押す。録画終了時に、またリモコンを押す。結果として、変数に保存する値は・・・

・録画開始のためリモコンをONにするカウンター値
・録画開始のためリモコンをOFFにするカウンター値
・録画終了のためリモコンをONにするカウンター値
・録画終了のためリモコンをOFFにするカウンター値

・・・の4つになる。実際にはこれらに加え、子機のLEDを消灯するカウンター値なども保存している。子機のボタンを押してそれを親機が認識すると、親機から子機のLEDを点灯させる。そして、2秒後に消灯させている。これにより、子機では電波が親機に届いたことを視認できる。

written by higashino [カメラ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4