Darkside(リンクエラー修正しました)

<< 前のページ

2019年1月31日(木) 21:36

お座敷ラジコン

 主砲の真後ろからBB弾発射を眺めると、最初から明らかに左にズレて飛んでいく。これは銃口で接触している可能性が極めて大だ。
 そう考えて、マズルブレーキ部分をしっかりとリーマーで拡張する。

 その結果、弾速が安定するようになった。純正0.12グラム弾使用で、ほぼ0.17ジュールだ。
 グルーピングも改善されたが、それでも有効射程(空き缶や紙コップにほぼ必中する距離)は、2〜3メートルがせいぜい。屋外では、全く実用になりそうにない。

 更なる大問題として、照準用レーザーは突然全く光らなくなった。実用的なレーザーサイトを搭載するため、ここまで大変な苦労をしたのに・・・
 有効射程が短くて、照準という行為が意味を持つのは室内限定なので、1ミリワット未満だが信頼性ある国産レーザーポインターを搭載するのが良いだろう。しかし、今すぐ作業する気になれない。レーザー抜きで、いったん完成扱いとしよう。

 無線カメラの有効距離を確認するため、近所の公園に持ち出す。

 ここで、想定外の問題が発生。
 最初に水路に対岸すぐの地面に戦車を置いたのだが、電波が通じなくて操作不能。発車できない。距離は5メートルそこそこしかない。

 電波状況は、送信→受信の強度0。受信→送信の復路は100以上ある。往路が事実上途切れているのに復路は情報が取れるというのが謎だが、受信強度0と表示されることも発車できないことも事実だ。
 少し場所を変えたりアンテナの向きを変えると、かろうじて発車できた。しかし、自慢のスムーズな走行は全く不可能。途切れ途切れにしか電波が到達していないため、途切れ途切れにしか操作できない。木の後ろに回ったら、一発アウト。

 電波が届いていない場合は安全のため停止するので、マトモな操縦は不可能だ。謎なのは、復路の電波強度は、滅多に0にならない点。また、往路は100以上の強度があっても唐突に0になる。半端に小さな値を経ることがないため、ノーコンになりそうだと警戒する暇がない。
 一方で無線カメラも、映像は時々しか更新されない。しかし操縦電波よりは少し良く届いている感じ。

 TWE LITE を使用した自作プロポが実用にならないとなると、今度の計画が崩壊する。
 そこで、再確認することにした。車体下部だけを家の前の地面に置き、送信機の電波強度表示を確認しつつ少しずつ離れて行く。
 離れるに連れて電波強度は少しずつ小さくなる。唐突に0になることなどなく、50メートルぐらい離れても30や40は残っている。その状態で操作すると、普通に走行した。

 場所は住宅街で、直視可能。
 それで50メートル離れた場所から普通に操縦できているので、自作プロポは実用になっている。ドローンならともかくラジコン戦車なら、これぐらい離れて操縦できれば充分だ。

 となると公園でノーコンになったのは、車体上部が電波を妨害したからだとしか考えられない。操縦電波の受信アンテナは、尾灯脇に折れ曲がって車体内に納まっている。こういうのが電波受信に不利なのは、言うまでもない。
 TWE LITE の有効距離には余裕があるので、これでも大丈夫だと踏んだのだが全然大丈夫じゃなかった。いや、車体下部だけなら大丈夫だ。

 車体上部はプラスチック製だが、それなりに金属パーツを含んでいる。それが、想像以上に電波を妨害するようだ。
 無線カメラのアンテナも車体上部の妨害を受けるが、車体外に出ているぶん少しマシだったのだろう。
 波長の短い2.4G帯を使用する場合、アンテナは最高の位置(具体的には砲塔の上)に設置すべきってことだ。ただしこのバトルタンクに関する限りは、アンテナの設置場所を変えるのは困難。それに、変える意味も小さい。何しろ主砲の有効射程が2〜3メートルなのだから。ここは大人しく、室内専用のお座敷ラジコンとして楽しむべきだろう。

 バトルタンクのネガを片っ端から潰し、究極のお手軽ラジコン戦車を作ろうとした。だが、野望を充分に果たすことはできなかった。室内でなら無双だ。走行は超絶スムーズだし無線カメラはリアルだし。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2019年1月30日(水) 21:34

外観仕上げ

 レーザーサイトの調整に六角レンチを通すための穴が、砲塔に余分に開けまくっているので、タミヤのポリパテで埋める。

 色はダークイエローに近いイメージだったが、思い切り明るいイエローだった。

 マスキングテープを貼りまくり、塗装。

 残念ながら、仕上がりは良くない。
 やはり、スプレータイプでの塗装には限界がある。

 それでも、塗装しないよりはマシだし穴を埋めた意味はあると思う。
 戦車の良いところは、仕上げが荒くても雰囲気を壊さない点だ。

 ボッシュライトのカバー上半分も、新たにアルミ薄板を切り出して接着。ペイントマーカーで黒く塗る。

 アルミ板を使わずに塗装だけすると、LEDの光が思い切り透過してしまう。

 右隣のスリット内に小型カメラが仕込まれていることは、普通に眺めてもまず気付かない。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2019年1月27日(日) 18:42

塗装

 砲身と防盾に、白ベースを塗装。

 砲身はマスキングテープで密閉し、洗濯物の代わりに吊るして乾燥させる。
 バレルにはクリーニングロッドが通してあり、それにより砲口側からの異物も阻止される。

 ただしこのせいで、砲口側に塗料が厚く溜まってしまった。

 続いて、ダークイエローを塗装。

 レーザービームを通す穴は、先に空けてある。

 最後に、ダークグリーンで迷彩する。

 スプレータイプなので、細い迷彩をクッキリと付けることはできない。境界のボンヤリした迷彩になる。しかし、全体として見れば違和感は大きくない。やってみれば、ジャーマングレイのままよりは良いかもしれない。

 厚い塗料が砲口に溜まると、BB弾が接触してしまう。だから剥がすしかないが、塗料が大袈裟に欠けた部分も出てしまった。
 だが、再塗装はせず様子を見る。戦車というのは、隅から隅までピカピカ・・・ではない方が雰囲気が出るので、放置しても気にならないかもしれない。

 それよりも、塗料の厚みで砲身が防盾に挿せなくなってしまった。防盾内を少し削って挿入し、アクリダインを流し込んでガタツキを無くす。

 組み立て直した主砲を撃つと、初速のバラツキが大きい。パワーにすると、2割も違う。命中精度も、論外に悪い。

 塗装後にもバレルはクリーニングしたが、砲口周辺の塗料にBB弾が接触している可能性が疑われる。まあ組み立て直した直後だから、100発や200発は慣らし運転として様子を見るべきだろう。

 あと、強化スプリングを組んだぶん、重いBB弾を使ってみたい。これは標準推奨の0.12グラム弾だが、バイオではないから屋外射撃し難いし精度もウリではない。0.20グラムのベアリングバイオBB弾が使い物になるようであれば、嬉しいところ。
 どうせ10メートル以上先なんて当たるわけがないので、問題は近距離だけだ。ホップアップが充分に掛からなくても、関係ない。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2019年1月26日(土) 19:45

パーツ取り

 中古のジャーマングレー虎1バトルタンクを、オクで入手。

 プロポ欠品というジャンク扱いだったが、当然ながらプロポなど使わないからゴミが減るだけプラス。車長フィギュアも欠品だが、砲身上下サーボで埋まっているのでこれも無関係。

 手早く分解し、動作確認する。
 電池ボックスは若干の緑晶が浮いているが、ほぼ問題なし。あからさまな物理的な破損も、見られない。

 しかし1/24スケール大戦戦車って、実物はコンパクトに感じるのに箱はでかいんだよな。砲身が空間をかなり占有するせいだが、コンパクトに運搬できる手段も確保したいところ。
 砲身が邪魔にならないストームタイガーは、ピッタリのアルミケースが確保できている。

 走行用モーターにバッテリーを直結し、動きを見る。

 左右ともに、正常に動作するようだ。サスペンションもスムーズで、バネは経年劣化により錆が見られるものの、手持ちのバトルタンクよりはマシ。
 これなら、新コイルガン・ストームタイガーのベースに使えそうだ。

 肝心の主砲も、モーターにバッテリーを直結して動かしてみる。
 正常に、発射できる。これで、修理はバッチリだ。

 その後、すみやかに分解実行。内部パーツの破損も無い。2個イチで、完全体の主砲を仕上げる。オリジナルとの違いは、セミトート用スイッチと強化スプリングだけだ。
 おっと、あと砲身上下用モーターの代わりにレーザーサイトが装着される。

 オリジナルのチャンバーパッキンはノズルが極めて浅くしか刺さらない。チャンバー周りに手を加えた上でBB弾の装填が正常に行えるよう加工するのは、至難であると実感できる。

 旧バトルタンクは砲身と防盾だけジャーマングレイだったが、今回はせっかくなので塗装し直すことにする。

 タミヤカラーの2番と3番が適合するあたり、模型界におけるタイガー1という戦車の位置付けが良く分かる。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2019年1月19日(土) 21:42

最後の問題

 主砲を、砲塔に収める。

 レーザー配線を短く接続し、砲身上下サーボにピアノ線をリンク。狙い通り、パーツの隙間を通すことができた。少し斜めの牽引になるため、以前のピアノ線より細い0.35ミリを使用。

 意外に厄介なのは、レーザーサイト調整用の六角レンチを通す穴。砲塔の適切な位置に開けるのが、非常に難しい。何度もやり直して、砲塔が穴だらけ。最後の仕上げで、パテ埋めと塗装修正を要する。

 3.9V弱電源とレーザードライバー基板は、両方とも砲塔後部の工具箱に収納できた。
 これで、問題なくレーザーサイトは輝く。

 この後に砲塔下面を取り付け、パーツがどこにも干渉しないことを確認。
 車体に取り付ける前に、レーザーサイトの調整を行っておく。BB弾を発射。

 ここで、大問題が発覚。BB弾がマトモに発射されない。
 3発に1発ぐらいは、マトモに発射される。しかしそれ以外は、ちょろっと数十センチ飛ぶだけだったり、1〜2メートルで落下したり。
 マトモに飛ぶBB弾に関しては、レーザーサイトが充分に機能している感じである。正確に調整可能な範囲内に実装できているようだ。

 だが、使い物にならないほど発射不良が多い。チャンバーパッキンの微妙な加工が微妙過ぎて、エア漏れを起こしているのではないか。
 命中率を改善したいから、とチャンバー周りを散々いじって、結局のところオリジナルより良くすることはできなかった。そして最終的に、壊してしまった。

 東京マルイはエアーソフトガンのトップメーカーであり、箱出しで充分に性能が出る。いじれば、大抵は結果が悪くなる。余計なことはせず、少なくともチャンバー周りはオリジナルのままにしておくべきだったのだ。もはや、手遅れである。
 だが、余りに手遅れで打つ手が無いが故に、打つ手がある。新しいバトルタンクを入手し、パーツ交換するのだ。それ以外の解決策が無いので、迷う余地が無い。さもなければ、使い物にならない主砲を抱えたこのバトルタンクは、遊べるシロモノにならず死蔵されてしまう。

 エアガンのチャンバー周りをいじって良くなったことがない、という自分の経験にまた1つ実例が追加された。だから、改造ベースにこだわるのだ。チャンバー周りに手を加えなくても最初から充分な命中精度がある銃。それを改造ベースに使うべきなのだ。命中精度に難があるが他はすぐれているという銃を入手し、自力で命中精度を良くしようなどと考えてはならない。
 バトルタンクに関しては、選択の余地が無かったから仕方なかったが、ラジコン用エアガンでは選択の余地がある。だから、慎重に改造ベースを試験している。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4