Darkside(https対応しました)

<< 前のページ

2022年5月17日(火) 23:11

工具箱

 工具箱関連を、ハンダメッキする。

 穴空きの板は、厚さ0.5ミリのステンレス。それ以外は、厚さ1ミリのステンレス。

 ハンダ付けして、2つ組み立てる。

 板金を頑張らなきゃいけないので、厚さ0.5ミリになっている。2ミリほど長過ぎたので、金ハサミでカット。加工性と強度のバランスで、0.5ミリ厚になる。

 雨漏りしない程度の気密は欲しいので、内側にもしっかりとハンダを流しておく。

 なお、カメラの視野を確保するための穴は、最終的にポリカーボネイト板かガラス板を貼り付ける予定である。ただし、ハンダ付けによる加熱で劣化するのを防ぐため、そういう作業は最後に回す。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2022年5月16日(月) 21:29

車体上部第2陣

 「かねよし」の仕事の速さに驚愕。切り出されたステンレス板が届いた。

 プラスチック板で切り出した試作品と、サイズが完全に一致している。逆に言えば、新レーザーカッターの有用性も示している。

 いつも通り、まずはハンダメッキを施す。
 これに大変な時間を取られるが、やっておかないと後で苦しくなる。

 試作で使ったステンレスアングルを、そのまま使用。マスキングテープ止めから、ハンダ付けへ。

 左右ともステンレスアングルと合体したら、同じく左右の三角板もハンダメッキする。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2022年5月15日(日) 22:38

3度目の正直

 弾性エポキシは数十分で固化するが、最終強度に達するまでは時間が掛かる。

 やはり右舷カメラの向きが気になり、更に取り付け直したくなった。まだ強度が上がり切る前にハサミを捩じ込んで、剥がす作業に備える。

 向きの微調整は難易度が高く、左舷カメラも3回ぐらいやり直してる。

 今回は接着面積を減らし、まずは仮固定する。これで大雑把に向きを合わせて固定。

 続いて隙間に弾性エポキシを大量投与し、固化までの間に最終的な向きを決める。

 今度は、良い感じに向きが決まった。これならば、適切な座標から映像を切り出すことにより、立体視可能になるだろう。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2022年5月14日(土) 21:29

右カメラ取り付け直し

 車体上部装甲を外し、右舷カメラにアクセスし易くなった。

 取り外すのはそれなりに厄介であり、作業空間が欲しい。

 弾性エポキシは通常のエポキシに比べて破壊し易いものの、それでも剥がすのはかなり大変。カメラ基板が壊れないか心配しつつ、何とか剥がすことができた。
 カメラ画像はずっと取得し、基板を壊していないかどうか確認。

 カメラ画像を見ながら、向きを調整。弾性エポキシの固化を待つ。

 だが、右舷カメラが真正面を向いていない気がする。

 照準用レーザーが、左右いずれのカメラにも入るようになった。

 しかし、右舷カメラではレーザーが右に寄り過ぎている。このタイル壁までは距離5メートルであり、30メートルあるいは無限遠だと更に右に移動する。画面に入らなくなるかもしれない。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2022年5月12日(木) 22:11

外注PART2

 カメラを接着し直すなら、車体上部装甲は外した方が作業し易い。

 そこで、装甲を外す前に確認しておくべき作業を先に済ませる。カメラの視界である。
 カメラは工具箱内に収納し、実車には存在しない工具箱正面の穴から撮影する。では、正面の穴はどの位置にどの程度のサイズで開けるべきか?

 困ったことに図面から機械的に判断すると、カメラ正面に穴を開けることはできないのだ。不自然なほど上寄りに、穴を開けねばならなくなる。

 そこで、既存の切り出しパーツを流用し、少し下に穴が空いた状態で実際の見え具合を確認してみる。使用したのは、右カメラである。左は無関係。

 カメラにカバーを掛けると、右カメラの上部があからさまに暗くなった。

 全体的にボケているのは、雨が降っていて窓を閉めているせいだ。

 今度は、穴の位置をギリギリまで高くした上で、カメラの向きが適正な左舷に取り付ける。

 窓を開けて、手早く済ませる。今度は左が問題で、右は無関係。

 カバーを掛けると、右側に若干の減光あり。しかしこれぐらいなら、実用範囲内だろう。上下ほぼ問題ないというのが、良い感じ。

 これで、カバーの形状を確定。ここまでで、いったん「かねよし」に外注することにした。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4