Darkside(https対応しました)

<< 前のページ

2023年2月2日(木) 21:22

不具合だらけ

 液晶ディスプレイは幾ら調べてもハードウェアに問題がなく、結局は接触不良がどこかで発生していたと結論付ける。不安定だが表示が復活し、受信データーを確認できるようになった。

 ここで、旋回がちゃんと送られていることが判明。
 砲塔の無いSタンクと、砲塔のあるタイガー1では、旋回操作が異なることを失念していた。バトルタンク・タイガー1は、右スティックの上下で前進後退するが、同じく右スティックの左右で旋回なのだ。問題は、超信地旋回できないこと。
 超信地旋回の処理を入れ忘れていたようで、停止状態でスティックを幾ら操作しても反応がない。それで、旋回操作が効かないと思ってしまった。

 通常の旋回は、前後いずれかに走行させていれば可能。だがこれも、左右が逆になっていると判明。

 ボタン操作と受信データーを突き合わせると、案外まっとうに通信できていることが分かる。

 対比状態をメモして行く。

 左右が逆だが走行可能なので、床を走らせてみる。すると、右モーターの動きが顕著に悪く、直進困難と判明。送信機のプログラムを変更するだけでは駄目で、ギアボックスかモーターの修理も必要だ。

 暫く走らせていると、ガガガ!と異音がした。
 右キャタピラが外れ掛けている。

 キャタピラが外れないよう、目立たない場所に横棒を設置してある。しかし横棒は正面上部装甲で抑えているので、それが1ミリほど浮いてしまっている。
 車体上部を外しているため、正面上部装甲が簡単に浮くようになっている。それで、キャタピラを十分に押さえておけなくなったようだ。

 これは車体上部を取り付ければ恐らく問題ないが、横棒の設置など余分な工夫をしないとキャタピラは簡単に外れる。これも、マルイがラジコン戦車から撤退する理由になったと思われる。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2023年2月1日(水) 20:58

不具合エンドレス

 左から、数年前の旧基板・新造基板・最新造基板。

 いずれもアプリケーションID を送信側のアプリケーションID に一致させた。そして、無事に3つとも受信できることを確認できた。ただし、送信機にテレメトリーが返って来たのは中央の新造基板だけ。これは、送信機側でシリアルID をチェックしているから。最新造基板のシリアルID を受け入れるように送信機側のプログラムうを書き換えることで、最新造基板を使った時にテレメトリーが返って来るようになった。

 他の2つは、予備パーツとして保存しておく。
 別のラジコン戦車を作る場合にも使える。

 ただ、どの基板を使ってもキャタピラを前後に動かすことしかできない。旋回操作は受け付けてくれない。

 これに関してはデーターフォーマットのズレだろうから、実際に送られてくるデーターを表示させればすぐに調整可能だろう。そう考えてLCD表示させたのだが、LCDには何も表示されない。
 数日前にはLCD表示に成功しているのに、何が起きているのか分からない。

 よくもまあ、ここまで次々に問題ばかり発生するものだ。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2023年1月31日(火) 21:21

根本的な巨大ミス

 新造基板を取り付けたが、やはりウンともスンとも言わない上にLCDにも何も表示されない。

 いきなり途方に暮れたが、試しに数年前の旧基板を取り付けてLCD表示を確認する。すると、同様にLCDには何も表示されない一方で、送信機のスティック操作でキャタピラが動いた!
 送信機のアプリIDが食い違っているはずで、テレメトリーは返って来ない。また、前後のみ反応し旋回操作しても反応がない。それでも、明らかに通信は通じている。

 コーティング済みのこの旧基盤は、故障したと思っていた。だが現実には、故障していない可能性が高い。そして、新造した基板が2つとも全く動かない。
 何か根本的な巨大ミスを、やらかしてる。

 旧基板上の IWE LITE RED に、書き込み用コネクターをハンダ付け。

 曲げたピンヘッドを後付けするのは、意外に出来てしまうものだ。

 ライターを取り付けて、設定を読み込む。
 その結果、新しく作った基板とはアプリケーションID を除き、全く同じ設定になっていることが確認できた。
 ならばと、新しく作った基板も同じアプリケーションID に書き換えてみる。あっさりと、通信成功。ここに至り、TWE LITE RED の仕様を勘違いしていたことが判明。

 TWE LITE RED には、アプリケーションID とシリアルID という、2つの概念がある。
 シリアルID はメーカー製造時に付与されるもので、ユニークかつ書き換えできない。
 アプリケーションID は、任意に書き換えできるし重複もできる。

 そして重要なのは、同一のアプリケーションID 同士でなければ通信できないのだ。この仕様により、アプリケーションID を変えることで同じ周波数でも共存できる。
 通信すると相手のシリアルID を取得できるが、それでフィルタリングするのはソフトウェアによる任意である。どんなシリアルID でも受け入れて良いし、受け入れないように弾くのも良い。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2023年1月30日(月) 21:53

新造完了

 基板をバトルタンク車体電源供給し、ライターで書き込む。

 問題なく認識され、問題なく書き込みできた。

 個別設定も、トラブル無く終了。

 TWE LITE RED を基板にエポキシで接着。

 硬化後に再びライターを接続し、アクセスできることを確認しておく。

 秋月のレベル変換基板を実装し、仕上げる。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2023年1月29日(日) 19:45

慎重に新造してみる

 とにかく、もう1つ新しい受信基板を作ってみることにする。

 スルホール基板は失敗した気がするので、ガラスエポキシの片面基板にする。

 三端子レギュレーターを組み立て、バトルタンク電源に接続して3.3Vが出力されること確認。

 TWE LITE RED に、ピンヘッドを折り曲げ横出しで取り付け。

 電源を接続し、基板実装後もプログラム可能にする。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4