Darkside(https対応しました)

2008年1月27日(日) 17:30

事態が飲み込めて来た

 7404だけをHCTにして、175は74HCに戻してみた。すると、175の9番ピンもしっかりとWS反転が5V振れて入ってくれる。
 DATAに関しては相変わらず元々5V振れており、HCで受けても大丈夫なはず。

 しかしこれでも175の2番ピンや3番ピンは、値が変化しない。

 そこで、確認のため新たな試験用WAVを生成。全ビットが1になっているシロモノだ。
 これを流すと、I2SのDATAは1になりっ放しのはず。ところが、そうではなかった。

 ほぼデューティー50になっている。同じスケールでWSを確認すると、周波数半分で同じ形状だ↓

 試しに、普通の音楽WAVを送信し、DATAを見る↓
 やはり、信号が全くHにならない状態が挿入されている。

 どうやら事態が飲み込めて来た。自分が期待しているよりもWSの位相は僅かに遅いのだろう。DATAのLSBを取得出来るはずが、その直後を取得してしまっている。DATAはMSBからLSBへと順番に送り出され、LSBの後はしばらくL状態が挿入されている。

written by higashino [ガルバノメーター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4