Darkside(https対応しました)

2008年1月29日(火) 17:34

赤いレーザー

 赤レーザーが届いた。

 スペックは波長650ナノで光出力200ミリワットという、ありふれた品である。200ミリワット級ならDVDレーザーを製作する手もあるが、DVD用は波長が長く、大抵は670ナノくらいになる。そのため、パワーはともかく明るさはいまいち。
 用途がガルボであり、モノを燃やすことではない。従って、大切なのはパワーより見た目の明るさだ。
 ・・・などと書いたが既成品最大の価値はコリメート光学系にある。半導体レーザーを輝かせるのは簡単だが、光学系を自前で用意してシャープにコリメートするのは非常に苦労する。

 レーザーダイオードとしてのスペックは、2.2Vで330ミリアンペア。5V安定化電源で動作させるために計算すると・・・100Ωを12本並列して電流制限してみる。1/6ワット品なので合計2ワットと十分に耐えられるはずだ。
 DAC-AH から5Vをいただいてみる。パワーメーターでは199ミリワットを示した。思い切り想定通りに輝いている。

 黒共立改と一緒に照らしてみる。532ナノは肉眼では8倍明るく見えるので、赤なら500ミリワット近くに匹敵する。また、肉眼は暗くなると赤の感度が落ちるため、見た目の差は更に大きくなる。
 緑に比べると、赤は光跡が薄くしか見えない。

 2色のレーザーを同じ場所に反射させると、黄色になる。
 しかし、肉眼ではかなり緑に近い・・・黄緑に見える。やや力不足ではあるが、何とか黒共立改の相棒は勤まりそうだ。

 赤の照射点は、土星を真横から見たような横筋が入っている。これは、半導体レーザーをDPSSではなくダイレクトに使用した場合の特徴でもある。

written by higashino [ガルバノメーター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4