Darkside(https対応しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2008年2月16日(土) 17:31

抵抗放熱

 干渉する部分を切り欠くことに。
 テープで印を付け、またダイクロイックの保護も行う。ドリルで連続穴を開ける。

 切り欠きをヤスリで整え、別途小型ヒートシンクを加工。レーザーの電流制限抵抗がかなり熱くなるので対策する。
 ヒートシンクは2Wの抵抗がハマるよう端の穴を拡張したが、その作業に予想以上の時間を取られる。

 グリーンレーザーの抵抗に熱伝導エポキシでヒートシンクを取り付け。そのヒートシンクは通常のエポキシでアルミ合金台に接着。これにより、電流制限部分に外力が加わって折れる心配も減少。

 レッドレーザーの抵抗にも同様にヒートシンクを接着。

written by higashino [ガルバノメーター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4