Darkside(https対応しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2008年2月29日(金) 17:19

犯人追求

 僅かに座標の異なる信号を出力したとき、D/Aが本当に微妙な電位の差を出力し分けているかどうか?それは気になるポイントだ。DAC-AH はオーディオ用であり、TDA1543 も音楽用途。となれば、電位がキチンと出ていないとは考えられない。しかし、確認だけはしておこう。
 座標 (0,0) を延々と10秒間出力し続けるWAVファイルを生成。続いて、座標 (32,32) を10秒、(64,64) (96,96) (128,128) の都合5本のWAVファイルを生成。これを再生してみた。ところが、テスターで出力電位を測定するまでもなかったのである。

 WAVファイルを切り替えるごとに、レーザーの到達点が綺麗に移動したのだ。それも明らかに一定の間隔をもって。

 正方形を描かせると一辺32や64は全くレーザービームが動かず、一点に照射されたままとなる。それが、32ごとに同じ距離をあけて到達点が移動している。D/A出力とガルボドライバーの両方が正常に動作しているようだ。まてよ?今回のWAVファイルではX座標とY座標が同じだ。もしかしてD/Aステレオ出力にクロストークがあるのでは?X=Yならリニアリティーが確保されるがX≠Yだったら?
 一瞬そう考えて焦ったが、すぐに勘違いに気付く。論理座標はX=Yであっても、WAVファイルに記録される値は左右全く異なる。具体的には、

右音声 = 24576 - X * 16
左音声 = Y * 16 - 8192

 という変換で音声レベルを決めている。16の倍数なので下位4ビットは0だ。レーザーONの時は1小さな値を書き込むことにより、下位4ビットが1になるようにしている。だから、クロストークが原因とは考え難い。
 それでも一応確認だ。今度は座標 (0,0) (32,0) (64,0) (96,0) (128,0) でWAVファイルを5本生成し、試験。さっきは斜めに一定のステップでビームが移動したが、今度は水平に一定のステップで移動した。正方形では全く分解出来ていない論理座標32が完璧に分解出来ている。

 D/A出力の追随性が悪いのではないか?
 出力電圧が変化しても、0.1秒ぐらい遅延しているのでは?
 それではオーディオ機器として使えない気がするが・・・正方形を描く際に頂点の移動速度を毎秒50回程度まで落としても駄目だった。しかし今日の試験ではWAVファイルの切り替えは手動であり、速くても毎秒5回程度のスローなものだ。正方形の描画速度を頂点移動毎秒10回以下まで落としてみてはどうか?
 正方形を超スローで描画するWAVファイルを生成し、投影してみる。

 一辺32の正方形は描かれない。いや、余りに描画が遅くて残像が発生しないため、どっちみち図形には見えない。しかしビームは明白に同じ場所に留まり続けている。5本のWAVファイルを次々に再生した場合には論理座標32の違いははっきり分かった。それが、見た目分からないほどしか動いていない。いや、停止している。
 おかしい。違和感を感じる。そうか!
 試験用WAVファイルは10秒間であり、それをループ再生している。ループして先頭に戻ると、2回ほどはビームが頂点移動しその後はピタリと動かなくなっている。錯覚ではない。最初だけビームが移動している。

 先のWAVファイル5本は別ファイルであり、再生されない瞬間が挟まる。1本だけをループ再生した場合も、毎回再生されない瞬間が生じる。R-09 は連続再生でもループ再生でも再生が途切れる。バッファリングしていない。WAVが一度途切れると、その直後だけは正確な位置にビームが飛んでいるのではないか?

written by higashino [ガルバノメーター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4