Darkside(https対応しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2008年10月2日(木) 17:15

携帯電話プロジェクター

 携帯電話にプロジェクターが搭載されるかもしれないと話題になっている。それもレーザースキャナー。
 ガルボ扱っていて恐らく誰でも考えるのは、これをブラウン管モニターのようにラスタースキャンしてやれば普通に映像が表示できないか?ということだろう。3色混合固体レーザーのコストが下がったことで、マッチ箱のような装置でも可能になって来たということらしい。記事に出ていた試作品は10〜20センチの小さな投影だったが、オモチャとしては面白いかも?という程度には写っていた。
 明るさは10ルーメンだそうだ。

 3色混合固体レーザーで多いのは、赤650nm 緑532nm 青473nm というパターン。これで、各原色が3.3ルーメンと仮定すれば、光出力はどの程度だろうか?
 基礎知識として、ここはチェックしておいて欲しい。

波長 ルーメン/mW 3.3ルーメンは?
650nm 0.0703 47mW
532nm 0.580 6mW
473nm 0.068 49mW

 473nm の比視感度は正確なデータが不明で、約0.1の概算。まあ大雑把なデータでも今回の話は進められる。
 結論として、3波長のレーザー出力を合計すると、ほぼ光出力100ミリワットだろうと考えられる。650nm と 473nm は半導体レーザーの出力をコリメートすれば素で使用可能だし、532nm はDPSSだとしても光出力が小さいのでそれほど破滅的なことにならない。消費電流0.5Aで製作可能と思われる。消費電力は1ワットから2ワットの間だろう。これにミラー駆動が加わるが、既存プロジェクターの技術がありネックにならない模様。
 携帯電話に搭載するには大食いだが、常時これでTV見たりする用途じゃないしギリギリ使えそうだ。

 ただ、合計100ミリワットのオーダーとなると安全性は話題にならないのだろうか?
 事実上室内専用ではあるが。

 普通の室内は数百ルクスである。暗くして100ルクスと考えると、それなりのコントラストを得るには1000ルクス程度で照射したい。10ルーメンで1000ルクスを実現するには、投影面積は0.01平方メートル。10センチ四方。携帯の液晶画面よりはかなり大きいから、これも何とかギリギリ使えるという結論だ。
 100ミリワットのレーザーと聞けば危険な香りがバリバリするのに、照明装置としては案外ショボい。レーザーはこのギャップが危険を生むとも言える。照明器具としては見た目ショボショボでちっとも危険そうではないのに、それを直視したら致命的というギャップだ。

written by higashino [ガルバノメーター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4