Darkside(https対応しました)

2017年10月23日(月) 21:20

同一パターン

 最初の右コーナーを曲がったすぐの場所を、地雷マシンが走っている。これは、停止ではなく低速走行している種類だ。
 抜くこと自体は容易だが、通常の走行ラインを完全に塞いでいるため、スクリプトが動作しない。解が得られない。そのため、 地雷マシン直前までのコーナー1つを抜けるスクリプトと、地雷マシンの先にある左コーナーを抜けるスクリプト2つに分割し、 両者の間は手動操作で地雷マシンを突破するという形になる。

 そして反射ドリフトでは、1周前と完全に同じパターンで邪魔カーが出現。これまた普通に反射ドリフトやろうとすれば、完全妨害 されてどうにもならない。

 敵車はマジメに走っておらず座標決め打ちで出現するため、こういう理不尽なことが起きる。
 今や最大の敵は、計算量ではなく邪魔カーだ。邪魔カー回避の試行錯誤にも膨大な計算リソースを要するのは確かだが、人間の発想力が無ければ計算だけじゃどうにもならない。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4