Darkside(https対応しました)

2008年5月22日(木) 17:27

相変わらず頑固

 暗い・・・暗過ぎる・・・

 YAG基本波 1064nm だけを通す例のフィルターを装着して調整。
 808nm の励起LDの輝きは、見事なまでに完璧にシャットダウンされる。強烈な出力がカメラには全く写らない。1064nm の蛍光は余りに暗く、低出力励起ではやはりカメラで捉えられない。中出力励起に上げてようやく、ぼんやり写るだけだ。
 薄ディスク結晶が蛍光を発するのは従来通り確認可能だが、やはりこれでは共振を確認出来ない。

 OCは 1064nm を全反射なので、共振していても外部には僅かしか漏洩しない。この感度では共振しているかどうか分からない。しかし、レーザー発振していれば真正面からなら僅かな漏洩比率でも確認可能な気がする。
 共振している気配は無い。
 さて、どうしたものか。

 ここで漫然とOCの調整ネジを動かしたところで、駄目だ。運良く共振したとしても、共振したことが確認出来ないかもしれない。そうなると、昔使ったナイトショット可能な8ミリビデオを探し出して来て使うのが先決だ。感度はずっと高いはず。
 更に、シンプル構成で再挑戦してみよう。

 BiBOを外して光軸調整したが、いっそ凸レンズ2つも外して薄ディスク結晶以外はOCだけにする。それで光軸調整してはどうか?

written by higashino [レーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4